ウクライナ侵攻に声を挙げるロシア人LGBT小原ブラス氏のラグナ検証

更新日:3月10日







日本はもちろん全世界が今もロシアのウクライナ侵攻に釘付けになっている



私はまだまだ発展途上のジョーティシャーで

この時局を有意な見立てで語っていくことなど到底できない



ウクライナのこの数日間は極めて悲痛という他なく

まるで私の幼少期に起きていたユーゴ紛争をロシアの側が再現しているような印象で

逃げ惑うウクライナ人の恐怖と混乱と痛みに何もできないことが申し訳ない



メドベージェワらロシア著名人、ウクライナ侵攻に真っ黒画像で抗議「こんなことあり得るのか」(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース


ミラ・ジョヴォヴィッチさん、故郷ウクライナへの侵攻に心境つづる。「平和をもたらすことが出来ない指導者たち」に怒り【全文】(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース



侵犯者の側のロシア人とその由縁者らが上記の通り遺憾の思いを抗議し

間違いなくこの戦争行為が為政者たるプーチンのエゴでしかないことをしかと物語っている



「プーチン退任せよ」ロシア内で複数の反戦デモ 1800人拘束か(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース



ロシア国内でも恐れずに自国の愚かな権力行使へ意思表示を決行する人々が次々現れ

全く悪い意味で歴史的な光景の断片がメディアに切り取られている



こうした最中に

日本国内で複数回に亘ってテレビ等でインタビューされ

今この時に発語を重ねる人が在った







5歳で実母と共に日本へ移民してきたロシア人の小原ブラス氏その人だ










小原氏については以下の通りWikipediaでのまとめが今のところ最も適切だろう


小原ブラス - Wikipedia



小原氏は思春期の頃にはLGBTだったようで

日本人からすると顕著な西洋人の容貌を生まれ持つ彼を周囲は両極端に特別扱いしたため

10代の頃は目立たないように静かに振舞うことが常態となっていた






いじめを受けたことはなかったが、いじめに発展しかけた出来事はあったという。学校からの帰路、男児たちがブラスを「変なあだ名」で呼んでからかい、そのうちの一人がを吐きかけてきた。
ブラスは母から常に「やられたら許すな」と言い聞かされていたため、「火がついた」という。「集団だからやっているんだろう」と考え、当該の男児が一人になったときを見計らって仕返しをした。ブラスは「なんでやられたか、わかるよな?」と言い残した。以降、何もされなくなったという。


外国人の両親から生まれた異邦人が青少年期に日本で必ず経験する日本的な通過儀礼

やはり小原氏も避けられなかったようである



ご本人曰く「とても面倒な性格」とのことで

テレビ出演の際に人柄を伺おうとして司会者が「好きなタイプは?」と尋ねると

女性ではなく男性と判断できる外見上の特徴を述べたため

少し間を置いて周囲が彼の性的な素性を悟るといったやり取りもあったそうだ



しかしそうした受け答えを恐れず自分のポリシーとして実践する意志は

「LGBTは特異ではなく一つの普遍だと思える社会になるべき」との考えからである







弱く不幸な自分を憐れむべきカリカチュアにしてマスコットになろうとする装い方は

一世代前あたりの同性愛者には多く見られたが

近年はLGBTの発言力と潮流が第3の性として普遍のジェンダーになってきたので

そもそも自らを悪い意味でセルフプロデュースする態度の方が非常識ですらある



その文脈上で彼は毅然とその個性を発散し

むしろ知的ながらキッチュな面白外国人というキャラクターでネットの人気者でもある










小原氏は自身と同じ境遇で

生育地も同じ関西地方だったモスクワ出身の中庭アレクサンドラ氏と出会い

コンビ「ピロシキーズ」を結成しyoutuberとしてリアクション動画等で活躍している



中庭アレクサンドラ - Wikipedia



思わせぶりな生き方を嫌い自然に謙虚に振舞う賢いブラス氏

この彼もまたジョーティッシュを通じより理解すべき素晴らしい人物である



自己流に彼をレクティファイした結果が以下の通りだ





ラーシのラグナはナクシャトラがやはりサルパ・ドレッカナの「アーシュレーシャ」で

人生の行き先が見えず終生の時間を心の旅人として過ごすことになる生き様だ



しかし彼が自身の人間性を正しく昇華できたのは

やはり2室獅子座で逆行しラグナで高揚するようにも働く9室支配の木星の厚い吉意が大きい



小原氏の性的自己像がLGBTへと向かったその証左は

ラグナロードの月が再び蠍座のサルパ・ドレッカナで減衰し

知的精神性を担う3室支配の水星が

なおも魚座のサルパ・ドレッカナのゾーン直前で減衰し

コンジャンクションした高揚の金星が強烈なニーチャ・バンガで水星を守り

水星自体も3室支配で減衰の配置によりパラーシャラの例外則を実現し

吉意方向へ強く変転する所見からであろう



更にその配置は吉意最良な9室で生じ

ラグナへ逆行する木星が仮想アスペクトさえ起こしており見事な復調力が宿っている

(その配置が5室の月にも潜在アスペクトを生じるため断続的に吉意が実っていく)



その力強い配置の妙に対し凶星の働き方も負けず劣らずしたたかで

機能的には豊かな吉星の火星は「災難・理不尽」の8室に住んでしまい

7室では土星がディグバラのシャシャ・ヨーガになって鈍重な破壊力でラグナを傷つける

(この時に土星は9室にアスペクトし氏の性自認を司る金星や理性の水星を強く損なわせる)



特に蟹座ラグナにとって8室水瓶座は

「疎外感を強く抱かせる辺境のコミュニティ」を意味し

そこにラージャ・ヨーガ・カーラカの火星が住むことで強い不自由がもたらされ

【郷に入っては郷に従え】的な無言の暴力を強いてくる光景を暗示する

ただでさえ8室の火星というのは精神的に穏健でいられなくさせられる配置であり

その精神的な閉塞感は慢性窒息のような窮屈さを思わせる

(ただし木星が本来の位置から火星と対向するので大事には至らなかったようだ)



身も心も未熟な日本人の青少年らが些細な事で人をイジくりおもちゃにするのは

いつの時代にもある恥ずべき土俗の島国根性である



ブラス氏が10代で経験した遭難常態のような孤立と悲哀は

この7室と8室が与えてきたと判断できそうだ







氏は5歳で実母が日本人と再婚したことで来日したが

その時のダシャーは土星期から水星期への途上に当たり

蟹座をラグナとした場合に土星が7室(未知の場所とその文化)と水星が9室(外国)に位置し

水星自体が12室(外国・外国人)を象意するため上記の時運が強い根拠となった






2010年7月、18歳の時にニコニコ生放送を始めた。視聴者のコメントに対する返しが面白いと徐々に人気を獲得する。
ブラスの放送を視聴者が転載した動画の『ロシア人が放送中にはじめて圧力鍋を使って大騒ぎ!?』が大ヒットし、人気を博した。「公式放送やニコニコ超会議など、様々なイベントへ引っ張りだことなる。


今ある氏の起点となったこの切っ掛けをダシャーで確認すると「水星-木星期」の半ば頃で

水星は先述の通り凶意のバンガが旺盛に起こり

木星は逆行することで水星から5室目にも住むように働き仮想アスペクトが生じる







ダシャムシャでも水星は木星と明確に絡んでおり

木星がまた2室に逆行するために水星へアスペクトするようにもなる







何より彼のネット上でのプレゼンスは

Webやボーダーレスな交流を意味する水瓶座にヨーガ・カーラカの火星が住む配置で

ネット上のコミュニケーションでカラフルな個性を発揮し自らの居場所としたのである

(火星のディスポジターの土星は高揚に等しいマハープルシャで

逆行の木星は火星と土星の両方にアスペクトできる配置となり奇跡的な幸運が実現する)






ナヴァムシャにおいても

高揚した良好な水星に対し木星がまた逆行によりケンドラの位置関係になり

木星自体が高揚しながらも6室に伏在する作用で「Web」の12室へアスペクトバックし

ニコニコ動画という賛否両論が常に渦を巻く大海のような舞台で

結果的に7室で最高の強さを発散するハンムサ・ヨーガの恩恵を受けたようだ




ケ ー ト ゥ 期 を 終 え て 金 星 期 へ と 踏 み 込 ん だ ブ ラ ス 氏 の 今 後






ご覧の通り氏は金星期にやっと到達した頃合いのようである



氏が蟹座ラグナで正しければこれからの20年間は氏の人生の当為そのものが結実し

そのアイデンティティが集大成となって花開く至高の時がやって来る



金星はラーシでは「達成」の9室で高揚のラージャ・ヨーガとダーナ・ヨーガを帯び

ナヴァムシャではラグナに住んで二重にラージャ・ヨーガを生じる無双状態の強さである



これだけでも氏の今後は魅力たっぷりと言えるが

ラーシとナヴァムシャを注視して驚いたことがもう一つある




上記の両方のチャートで

5室から連続して10室まで惑星が住むために希少な「マリカ・ヨーガ」が成立しているのだ




マリカ・ヨーガとは



【ヨガ】:マリカ・ヨガ Malika Yoga | インド占星術. com ブログ (indian-vedic-astrology.com)



5つ以上の部屋に連続して惑星在住が起こっていればヨーガ成立と見なす条件で

氏は6つの部屋に惑星が連なるので「シャスタ・グラハ・マリカ・ヨーガ」である



マリカ・ヨーガは吉意の部屋(ケンドラ・トリコーナ)が出発点となるとなお良いようで

氏は何とも素晴らしく5室(9室から9室目で「過去生からの果実」を指す)がその起点である







改めてダシャムシャを確かめると金星は「持前の資質・スピーチ」の2室支配となって

10室で「(インターネットの)メディア」を指した12室支配の太陽とコンジャンクションする



見れば見るほど氏の配置は底堅く吉意が満ちてくる配置を備え

ラーシ・ナヴァムシャ・ダシャムシャの全てで

「永続する名声」を享受できるとされるガージャ・ケーサリ・ヨーガを繰り出している



本当に本当に素晴らしいの一言に尽きる



水瓶座にアマティア・カーラカの木星が住むせいで

私は両性愛の傾向もあり殊に外国人には優しくしたくなる肌感覚の大人になった

そのためか私にはブラス氏の魅力がより美しく感じられる



一方でマリカ・ヨーガとは吉星と凶星が連続して異なる部屋を挟み込むため

吉凶禍福が巡り来る華々しく壮烈なドラマを演じさせられる生涯となりうる



氏がこの金星期を終えた2042年にはラーシの10室で高揚した太陽がマハーダシャーとなる



氏は私と年齢が離れすぎていない同世代的な立場でもあり

私がこの人生を早晩に閉ざさない限りきっと氏の更なる栄達を拝むことも出来るだろう



妙なる魂を生まれ持って日本にやって来た超越的なロシア人こと小原ブラス

立ちはだかるボーダーを飛び越え真言に向かう話者たる氏の今後に期待する




絶えることなく一緒に水瓶座時代を見届けましょう



以上

閲覧数:101回3件のコメント

最新記事

すべて表示