top of page

世界が震え上がった猟奇犯-「人肉愛好家」佐川一政のラグナ検証

更新日:2023年1月1日


「パリ人肉事件」の佐川一政氏が死去、実弟が語る素顔「包丁を手に、楽器壊され、晩年寝たきりも仲良く」(よろず~ニュース) - Yahoo!ニュース



私の世代とはかけ離れたうんと年上のとある有名人が先月末に亡くなっていた



40年以上も昔

どこにでも居るような素朴な一日本人の青年が

留学していた外国の地で同じく他国から来ていた留学生を殺害し食べてしまった







身長152㎝とかなり小柄な32歳の日本人は名を佐川一政(さがわ・いっせい)といった



パリ人肉事件──。その猟奇性は世界を震撼(しんかん)させた。
 1981年、パリに留学していた佐川一政氏は、オランダ人留学生の女性を語学の勉強を理由に自宅に招き、射殺。肉体を切り分け、尻や太もも、乳房などを生のままで、またはフライパンで焼いて食べてしまう。スーツケースに詰めた亡きがらを捨てる姿が目撃されて捕まり、犯行を自供。冷蔵庫には肉が残っていた。

パリ人肉事件「佐川一政氏」、実弟が明かす「入院中に看護師の手にかみついたことも」【2022年墓碑銘】(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース



これほど覇気がなく物静かに見える青年が

人肉を食してみたいがために殺人を犯したのだ



あまりに身体が小さく非力な若いアジア人の常軌を逸した所業に

当時のフランスやヨーロッパは心底驚愕し言葉に窮しただろう



精神鑑定の結果、心神喪失状態だったとして不起訴処分となり、84年に日本に送還される。東京都内にある精神科専門の病院に入院するが、翌85年に退院。その後、刑事的責任を何ら問われることはなかった

(同上)



こうした奇妙な偶然によって佐川一政は自由の身となって

それ以降は作家業やイラストレーターや時期によってはコメンテーターも務めた



社会復帰後、1989年(平成元年)の宮崎勤逮捕では、猟奇犯罪の理解者としてマスコミの寵児となり、忙しい時は月刊誌や夕刊紙など4紙誌に連載を持っていた。印税収入だけで100万円に達した月があった他、講演やトークショーにも出演して稼いでいた。また、1本30万円のギャラでアダルトビデオに出演していたこともある。

佐川一政 - Wikipedia



佐川は殺害したオランダ人の女子留学生を解体喫食

分解してしまったその身体を何枚も写真に撮った一級の猟奇殺人犯だった



「執筆中の博士論文にドイツ語の詩歌があるので音読してもらえませんか」

(ドイツ語とオランダ語は近似している)と単身の相手を自らのアパートに誘い込んで

抜かりなく凶事に及んだ佐川の犯行は十分に計画的な密室殺人である

当時25歳の留学生を殺害し食べた…「人食い日本人」と呼ばれた男の“一変”パリ人肉事件・佐川一政という男(文春オンライン) - goo ニュース



それにもかかわらずパリ警察は精神鑑定で佐川を心神喪失と判断し

不起訴処分にしたため

日本の警察が刑事事件として立件しようにも逮捕権の行使に踏み出せなかったのである

(なお日本送還後には日本の精神病院が再度の精神鑑定を行い「責任能力あり」としている)



全く不可解で異常な成り行きから

法の裁きを受けることなく

佐川が一介の文化人として振舞い

貧困や複数の病気を経験しながらも73年の生涯を終えたことは

一考の価値があると思った



またもう一つの卑近な理由には

佐川が私の実母と同い年だったこともあった



生年月日が佐川と私の母とでは半年ほど違うが

その差がこれだけ人生を分けてしまうというのは途方もなく因果である



佐川の生家が相当に高位な上流階級だった事実や

白人の美女を好むが性的嗜好と食欲の区別がつかないことや

1歳しか違わない弟( 純氏 )の存在など

諸々の事項を含んだレクティファイは以下の通りだ









佐川は兵庫県神戸市でとても由緒のある家系出身の両親から生まれた



父方祖父は朝日新聞論説委員であり、父は伊藤忠商事からの出向により栗田工業社長を務めた佐川明。いくつかの会社を立て直し「再建の達人」と呼ばれた。母親は神戸の裕福な貿易商(佐川商店代表:佐川与一)の娘だが(佐川は母方の姓)、祖父母(母の両親)ともに愛人がおり、祖母には婚外子もあるような複雑な家庭で母親は育った。

佐川一政 - Wikipedia





獅子座ラグナであれば

「家族・生家の財」を意味する2室支配の水星が9室の惑星集中に加わり

9室にそのまま定座した火星は同時に4室も支配し両親ともに優れた名家の出身者となる



また単に月をラグナにしても2室が惑星集中になり

社会性を指示する太陽は高揚するため

それもまた群を抜く家運の誉れ高さに預かっていると分かる



本来のラグナから9室目で起きた惑星集中からは

金星が対向3室へアスペクトバックして弟や妹が在ることの所見になって

獅子座をラグナとした場合に弟の純氏の実在を証明できることになる



生まれた時は父親の手のひらに乗るほどの未熟児だった。出生1年後には腸炎を患い、カリウムとカルシウムの静脈注射で命を長らえるような状態であり、両親は果たして何歳まで生きられるかと心配したが、虚弱体質だったものの順調に成長していった。

佐川一政 - Wikipedia



一方で上記の事実は

月から2室目の惑星集中に

機能的凶星の土星が逆行した位置からアスペクトする配置で説明できる



魚座から2室目の牡羊座は

ラーフに定座の火星が絡んでマラカへと悪変し

3室8室支配で機能的凶星の金星や

4室7室支配でうつ病や神経疾患の表示体になる水星や

やはり6室支配で「万病のもと」のように働く太陽など

健康を害する配置でしかなく土星が絡んでも木星はアスペクトしてくれない



月ラグナの魚座では土星も11室12室支配で完全なマラカになり

蟹座へ逆行して牡羊座に10室目のアスペクトが生じるので

かなりの成育不全で出生しただけでなく

出生後は予断を許さない衰弱状態が続いたのである



本来のラグナに住んだ土星は6室7室支配でこれもまたマラカになるが

逆行した位置で木星と対向し

12室に伏在することで6室の象意が否定されるヴィーパリータ・ラージャ・ヨーガとなり

マラカ的影響が徐々に弱まっていく寛解の様子を示している





ナヴァムシャでも同じような復調力のある配置になっていて

機能的にも吉星化した木星はアートマ・カーラカの水星にアスペクトし

「後天的な自分」を意味するアマティア・カーラカの月はラージャ・ヨーガになる



しかし

「13時02分58秒」までの出生と仮定したこのナヴァムシャでは

ラグナとラグナロードとアートマ・カーラカに対し

ヴァルゴッタマのラーフと機能的凶星の土星が猛烈な悪影響を与えているのも分かる





40年以上も昔のこととはいえ

現地のパリ人と比べて頭一つ分ほども背が低いのは

ラーシ・ナヴァムシャの両方で

佐川一政の客観的容姿を指すラグナやラグナロードに土星が絡んでいるからだろう




混濁する食欲と性欲

倒錯した劣情の根源はどこにあるか




 純氏は回想する。
「兄も私も絵が好きで習っていました。人の肉を食べてみたい思いは子供の頃からあった、と事件の後に兄は話していますが、仲良しでも全く気付かなかった」

パリ人肉事件「佐川一政氏」、実弟が明かす「入院中に看護師の手にかみついたことも」【2022年墓碑銘】(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース



食欲は2室の象意であり肉を表意するのはラーフだとされる





9室牡羊座では2室支配の水星に3室支配の金星がコンジャンクトし

それらに対してヴァルゴッタマのラーフが貪欲な生理的欲求を促している



また月をラグナにすると今度は火星が2室で定座し金星は3室8室支配である



それだけでも

佐川が小柄で小食そうに見えて実際は三大欲求を持て余すほどであると分かる



「ぜんぜん反省しなくて、相変わらず白人女性と付き合う、それにはお金がいるというんで、初めのうちはおやじの財布から万札をいちどぬいたぐらいですけど、だんだんデッドヒートして、弟のチェロを売り飛ばしたり、絵を売り飛ばしたり、最後には(クレジット)カードまで使って」と自ら語っている。

佐川一政 - Wikipedia



常に白人女性に惹かれてしまい

そのために金銭を浪費するという性癖についても

牡羊座と天秤座の軸に機能的凶星の土星が絡んでくる配置で説明できる



金星から7室目には「外国人」を意味するケートゥが住んで金星がアスペクトバックする



金星からの7室目に住んだ惑星はチャート本人の性的志向を表意するとされ

佐川の天秤座には外国人の表示体のケートゥが住んで金星がアスペクトを返すため

佐川が終生とても容姿端麗な天秤座的美女に傾倒することを示している



それは月をラグナにした時に

金星が8室( 性欲 )支配でアスペクトバックすることでも強調され

ラグナに住む土星がそのままの位置からケートゥにアスペクトし

逆行した位置からラーフにアスペクトすることで

土星の担う11室12室の象意が影響し

白人女性のために奔走し最後には何も残らない」様子を描いている



そして何故「人の肉を食べてみたい思いは子供の頃からあった」のかであるが

やはりナヴァムシャの2室8室軸でそれは病的所見となって具体化されている





性欲や食欲の象意がある2室8室軸が牡牛座と蠍座になり

火星と金星が支配する星座同士で根深い痴情のもつれを演出するカルマの軸である



佐川はナヴァムシャのラグナでラーフがヴァルゴッタマになり

ラグナロードの火星は2室から8室にアスペクトバックしてしまい

8室には「食欲・性欲・睡眠欲」を司る3室支配の水星が置かれ

ラグナロードの火星とアートマ・カーラカでもある水星には

10室11室支配の逆行した悪逆な土星が強い劣情を垂れ流しにしている



土星は11室を支配した機能的凶星で

射手座の月からは2室3室支配でやはり食欲や性欲の象意を帯びており

月から6室に住んで5室へと逆行し

土星と共に6室に住んだ火星は5室を支配するため

「強い衝動」を意味するラーフに悪意の火種を焚きつけることになる



人生の本質を写したナヴァムシャで

ラグナと月の両方で2室に必ず逆行の土星が関わり

そこにヴァルゴッタマのラーフとディスポジターの火星も絡み

火星が本来のラグナから8室目を支配して月から6室目に住んだ配置が

性的な劣情と食欲が未分化になった幼児退行のような衝動を作り出している



火星と土星が必ず6室や8室に関わるので

佐川は恋愛感情などという理性の残った情緒から大きく飛躍して

意中の相手を殺めてでも性欲(と食欲)を満たしてみたかったのである



私にとって性的欲望は、食人願望と同じでした。若い女性をみると、たちまちそういう気持になるのでした。
 この欲望は私だけのものだとは決して思いません。愛の行為、より正確にいえば性行為というのは、この欲望の変形ではないでしょうか。男が性交する時どう振舞うでしょうか。男は女の体のあらゆる部分をなめつくします。このとき、男は女を食べてしまいたい、無意識のうちに、むさぼりつくそうと思うものです。私はこの胸のうちにある欲望を実行してしまった。それだけのことです。(中略)

パリ人肉事件「佐川一政氏」、実弟が明かす「入院中に看護師の手にかみついたことも」【2022年墓碑銘】(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース



佐川のナクシャトラを確かめると

更にその潜在的な行動力の技巧が見えてくる