Ado氏のその後(後半部加筆増補@11/22)

更新日:2月9日






以前に新進気鋭なメジャーアーティストのAdo氏についてラグナ検証を試みたが

直近で彼女の素顔が伺えた5ch由来の記事がまとめサイトに挙げられていたので紹介する



(同記事は内容が複数のまとめサイトで少しずつ異なった編集となって挙げられており

その5ch内での元スレッドでUPされたAdo氏のツイートのみを以下に示すこととする)








現在の自分自身について赤裸々な本音を明かしている






誰にでも覗けるオープンなSNSであることを考えると

純粋に彼女の本心であるかは少しばかり疑う必要もあるが

成人間近頃特有の「大人になれそうもない自分に気後れする」所在なさが綴られていて

どこにでもよくいる等身大の一個人である彼女の様子が見えてまずまず奥ゆかしい



あるいは単純に本当の自分らしさと歌手である自分の持つ人気とのギャップに

段々と悩み始めているのかも知れない




要するに彼女は自分の個性と才能への評価を真に受けて増長するでもなく

やりたいことをマイペースにやっていたいと思う食傷気味な安逸を感じ始めているようだ



やっと成人するくらいの年齢でこうして自分を落ち着いて保ちつつ

良い意味で「自分は自分なんだ」と迎合しない素朴さに私は何とも言えず好感が増した




(乗っけからキモくてすいませんホントすいません)




また

冒頭でも述べたこの話題のソースである5chの同スレッドには彼女の素の声が聴ける動画が

貼られてある



1分足らずなのでご視聴いただきたい





10代の若者に付き物の「自分自身を記録した映像と音声を恥ずかしがる」様子から

彼女の素直さがジワジワ伝わってきて

肩に力の入らない自然体の才能を生まれ持っていることもハッキリと分かる映像である



彼女は当然ながら人間的な成長の階段を登り続けている最中である



ここで前回UPした彼女の仮想チャートを再確認してみる









彼女のチャートが十分に正しければ

ラグナのナクシャトラは太陽が支配星となるクリティッカーである



クリティッカーというナクシャトラの性格は

何事も勘の良い理解力で次々と取捨選択していく「鋭い刃物のような識別力」とされる

その感性と才能は彼女の表現力だったり「キレ」の強い天賦の歌声であることに合点がいく

(ちなみにクリティッカーをラグナや月に持つ偉人としては孫正義氏が良い類型である)



そして月はラグナの牡牛座で高揚しナクシャトラもOwnSignとなる豊麗な所見である

やはり自分の好き嫌いにとても正直で音楽とファッションの才能に恵まれる月だと言える



そのラグナはラーフも住んで高揚してしまうためラグナと月が傷つく致命的な配置でもある



望むらくはケンドラトリコーナの支配星がアスペクトしてラージャ・ヨーガとなるべきだが

ラーフには何もアスペクトがなく土星が逆行してコンジャンクションするようになる上に

月から見たケンドラに何も星が住んでおらずしっかりとケマドルマ・ヨーガである



一方で

月は太陽から8室目に住んで高揚するため満月に等しいまま最高位の地力を持つ月であり

前向きに心持ちを改めていくサッパリとした陽気な性格を生まれ持っている



しかし太陽自体は4室を支配して6室で減衰して両隣を火星とケートゥが挟み込んでいる

そのため恐らく彼女は様々な場面で異なった心情と態度を見せるような人だと思われる



やはり2室で逆行する土星が彼女を最も不自由にさせてしまっている原因だろう

だが牡牛座ラグナの土星はラージャ・ヨーガ・カーラカで9室10室支配の吉意最高な星である



それが不幸中の幸いであるが

ラグナへと逆行する配置が彼女をどこか精神年齢の高過ぎる若者にさせていることが伺える



それはきっとハイレベルな表現者によく見られるややナルシスト風の自己嫌悪かも知れない

本人はより高い理想に向かっているからこそ今ある自分に我慢ならないが

それを見知った凡百の群衆が僻みいっぱいに痛罵するという昔ながらの光景が

どうやら彼女の身にも起こってしまっているらしい



(またラーシチャートでは8室11室支配の木星が「メディア」の3室で高揚することから

彼女はどうしても個性が実力を上回りがちで

何故か年長者から必要以上に評価される所見となりそれが彼女を手持ち無沙汰にしている)







こうして見る彼女は至って普通の素直そうな女子高生だったという印象である




しかしてまた






こういった本音をそっと吐露したり







(上記画像引用元URL↓

https://green-3-triangle.com/ado-universal-music-face-highscool-realname/ )



ネット上で傷つけられ

思い悩んで自分の正しい立ち位置や意思の矛先に心底迷っている様子だ



おそらくは彼女のラーシ6室で減衰する太陽が

開かれたメディア(太陽の象意)で誹謗に曝される姿を示しているようでもあり

上記で私が括弧して述べた私見↓



(またラーシチャートでは8室11室支配の木星が「メディア」の3室で高揚することから

彼女はどうしても個性が実力を上回りがちで

何故か年長者から必要以上に評価される所見となりそれが彼女を手持ち無沙汰にしている)



というのもどうやら誤読だったらしい



即ち

彼女のラーシでは2室双子座に住む土星がラグナへ逆行して木星に仮想アスペクトするが

ラージャ・ヨーガ・カーラカであっても逆行した生来的凶星の悪意が

高揚する木星を放射能でも撒き散らすように8室11室的凶事の噴火口に仕立て上げ

乱脈状態で発露させていると思われる



彼女の高揚する木星は生来的吉星としてあらゆる豊かさを彼女に与える他方で

機能的凶星としての猛威を露悪し本人の言動(3室)を損なわせる働きを不意に見せうるようだ



*****************************************



最後に2021/11/21AM4:00から始まった天秤座へのダブル・トランジットで

彼女を運気予報してみる





ラグナに月が住むためダブルトランジットは彼女により強い運勢の変転を促す可能性がある



ラグナロードと4室支配の太陽と6室の象意が複雑に相互作用することになる所見だ

ダシャーは「ラーフ-ラーフ-月期」でラーフのディスポジターの金星の配置が最重要である



減衰する太陽というコンディションから何か精神的な健全さが毒気を受けたり

ラグナロードの金星が6室も支配して減衰星座へと逆行する配置が懸念含みの状況となる



変わらずあの歌声が聴けるだろうか



一先ずは彼女が平穏無事に来年4月を迎えられることを伏して祈念している──



以上

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示