top of page

61歳で急逝した俳優・渡辺徹氏のラグナ検証(一部加筆@2022/12/16)

更新日:2022年12月16日







流れる月日と共に多くの著名人が次々と鬼籍に入っていくのは辛いことである



約40日前に交通事故で他界した仲本工事氏に続き

先月末に俳優で司会者の渡辺徹氏が嘘のように病没してしまった



テレビ越しでも大柄な体格の良さが分かる陽気で楽しい渡辺氏は

若年期から闘病を経験していた事実を感じさせない知的な快男児の印象だった



俳優でタレントの渡辺徹さんが11月28日、敗血症のために都内の病院で亡くなったことが、所属していた文学座より発表された。享年61歳。ツイッター上では一般のユーザーからもさまざまな追悼の声、惜しむ声が寄せられている中、かつて渡辺さんが司会を務めていたテレビ番組『スーパーマリオクラブ』(テレビ東京系)を懐かしむ声も寄せられている。


私は上記のニュース見出しを見て「自分と同じことを思う方が在るのだな」と感心した





まだ小学校に上がらない頃に観ていたこのテレビ番組で私も氏を知った口である



後年になり氏が俳優だったと分かり

俳優というより司会が似合うタレントのイメージが強かったので

私は氏が出演していたドラマなどもわざと観なかったものだ





だからこの画像の中央の青年が若い頃の氏だと言われてもすぐには気付かないし

ふくよかな姿でマイクを持ち明るく仕切り役を務める氏のイメージの方が強い



ジョーティッシュでは俳優は3室が5室や10室と絡んで威力を帯びた配置で示されるが

司会業となると「スピーチ」の2室を水星や金星が支配して5室や11室に絡んでいるはずだ





晩年はご覧の通り痩せてしまった様相で

健康的でおおらかそうだった面影が薄れてきていた



逝去した今この時の時運がマラカの2室や7室に絡んでいるだけでなく

俳優としても司会者としても個性的で人気を誇った氏のチャートは

おそらく以下のようになるはずである









ラーシを蟹座ラグナとすると

マハーダシャーとアンタルダシャー(とプラティアンタルダシャー)が2室と7室を支配し

マラカの7室で土星が定座してラグナをアスペクトで傷つけている



氏の死因は体内の病的変異に対し抵抗力が不全状態になる「敗血症」であり

ラグナに住んで減衰しつつ二重のラージャ・ヨーガになる火星は

医療占星術で血液を表意している



ラーシの配置におけるダシャーの所見と併せて

氏が逝去した時点( 先月11月28日 )のトランジットを確認すると

蟹座ラグナが適正であると判断した根拠が見られた





蟹座ラグナであれば

7室のシャシャ・ヨーガに土星が戻ってきて木星は6室の象意を月に与えるからだ



土星は支配するハウスに関係なく「ナチュラル・キラー」と呼ばれるが

氏を蟹座ラグナと仮定した場合とてもハードなマラカになって殺傷力が極めて高い



また

氏のラーシで2室支配の太陽は10室で高揚してディグバラとなる最高位の強さだが

太陽とは広範なメディアの表示体であるため氏の逝去が今まさに大きく伝えられている




デビューから結婚まで






1980年、文学座附属演劇研究所本科に入所、翌年、同研究所本科を卒業して文学座研修科の研究生となる。
1981年、人気テレビドラマ『太陽にほえろ!』(日本テレビ)の通称名・ラガー(竹本淳二)刑事役でデビュー(1985年まで出演)。


上記の事実により氏のプロデビューは1981年であり

ダシャーは「金星-火星-土星期」以降のいずれかである







金星は「舞台演劇・芸術」の5室から5室目でその本質を司る9室に住んで高揚し

なおかつ「自己実現・栄誉」の11室支配であり

火星は蟹座ラグナで優良な5室10室支配のヨーガ・カーラカでラグナに住み

トリコーナの位置関係となるだけでなく

金星とコンジャンクトした月は火星のディスポジターでラグナロードでもある





ナヴァムシャでは火星が重要な3室10室支配で芸能の表示体のようになり

金星も4室9室支配で芸能活動の素養を担うヨーガ・カーラカで

お互いにドゥシュタナに住んで星位が良くないが

よく見るとその両者に2室11室支配の木星が4室からアスペクトしている



木星は「才能」の2室と「願望成就」の11室を支配するので

その木星が土星も火星もアスペクトしない理想的な配置から吉意の保護を与えて

8室と12室の配置を好転させており

一般人には不可視な芸能界(12室)で人気や信用によって仕事を得る(8室)境遇を意味する





改めてダシャムシャを見てみると

金星と火星は8室でコンジャンクションしつつ

火星が水星と星座交換し

8室に住みながら11室(独立)の象意を強く受けている



よってこの配置には10室支配の太陽が絡まないが

11室の象意がラグナロードの火星に働きかけており

金星は10室の本質である7室を支配した芸能の表示体であるため

ダシャーに対する整合性から考えてダシャムシャは蠍座ラグナで正しいようだ

(また3室に住んだ10室支配の太陽がラーシで氏のアートマ・カーラカなのも有意だ)



まだ文学座の予科生だった1980年の時点でもダシャーは「金星-火星-木星期」で

すでに芸能界入りが約束されていたとも言える



1987年10月14日、日本テレビ系『風の中のあいつ』『気になるあいつ』で共演した榊󠄀原郁恵と結婚。披露宴の模様は同局系列で生中継された。


そしてテレビ俳優となってから6年後に

2歳年上で俳優としても先輩の榊原郁恵氏と結婚した



その出会いのきっかけは上記の通りで交際が始まったのは1984年頃だったようだ







結婚運を診るナヴァムシャでは金星が木星のディスポジターになって

木星が見事に金星へアスペクトしており

その木星は「私生活( 結婚生活 )」の2室を支配し金星は結婚の表示体であるため

おそらくナヴァムシャは水瓶座ラグナが適正のようだ





ラーシは高揚したマハーダシャーの金星のディスポジターがまさに木星で

減衰してしまった木星のディスポジターの土星が金星にアスペクトして

ディスポジターの絡みとして7室と9室が関係し合っていた



土星は7室で定座したマハープルシャ・ヨーガで

妻の榊原郁恵氏はやっと2歳年上でしかないが

一応は「年上の異性」であるため補足的に正しいと判断できる




長男と次男の出生をレクティファイする




2男の父で、長男は俳優の渡辺裕太。




氏のご長男は数年前からよくテレビに出ている俳優の雄太氏で

次男も少し前まで俳優を志していたようである





上記ソースによれば次男は名前を「拓也」氏といい

生年月日は「1996年2月6日」とされる





そして長男・雄太氏の生年月日はWikipediaに「1989年3月28日」と記載されている



まず雄太氏を郁恵氏が懐妊した時期を逆算しサプタムシャに照らし合わせる







雄太氏の生年月日から10ヶ月逆算すると「金星-土星-ケートゥ期」である



サプタムシャが双子座ラグナの場合

金星は5室を支配し土星も9室を支配した重要な子供の表示体で

土星が2室に逆行することで見事に金星と対向し

金星にとっても土星はディスポジターとなり

土星は逆行して金星と向かい合いながらケートゥにもアスペクトし

ケートゥは金星とケンドラの位置関係でしっかりと絡みが生じている



長男については十分に整合が見て取れる



続いて「1996年2月6日」に生まれた次男の懐妊時期を照合する







すると今度は太陽が5室(懐妊)に住んで月とトリコーナの絡みになり

それら両方に再び9室支配の土星がアスペクトを与えて

太陽と対向したケートゥには土星が逆行した位置からアスペクトし

マハーダシャー(太陽)とアンタルダシャー(月)の両方に木星もアスペクトしている



マハーとアンタルが5室9室に住んで9室の支配星からアスペクトされ

同時に子供の表示体の木星も吉意を与えているため

おそらくこの時運で次男の懐妊も十全に説明できる所見となっている



サプタムシャは双子座ラグナでほぼほぼ正しいと判断できる結果だった




不摂生な食生活と司会業での成功




若い頃は1日6000kcalを摂取するのも当たり前の大食漢だった。こうした影響もあり、30歳で急性糖尿病を発症。急激なダイエットやリバウンドを何度も繰り返していた。以降はたびたび病気との戦いを迎える。


身長180cmとはいえ

成人の1日以内の摂取カロリー限度を倍以上も超える喫食傾向は異常である



「飲むこと・食べること」の趣向は2室とその支配星の配置が示し

2室の支配星が吉意のヨーガを帯びて火星に傷つけられているか

逆に生来的吉星に守られて凶意のアスペクトが無い所見が出来ていると

そのチャートの当人はしっかりと健啖家だと言える



ラーシでは2室にラーフが住み支配星の太陽が高揚しそれは月の2室目である



太陽は両隣を生来的吉星が挟んだシューバ・カルタリ・ヨーガで

土星も火星も太陽にはアスペクト出来ない配置のため

氏は歯止めなく思う存分に食べまくることが楽しみの一つだったらしい



(ちなみに私も2室支配の金星が11室在住でダーナ・ヨーガになり

そこへ3室8室支配の火星がアスペクトしつつ金星は太陽から2室目に在るので

30歳前後まで健康など顧みず酒食に耽るのが趣味のようになっていた)



医療占星術では

5室が脳の象意だったり心臓の象意だったり胃の象意だったりするので

5室支配の火星がラグナで二重にラージャ・ヨーガになり

その火星は月から見ても2室9室支配で5室に住んだ二重のダーナ・ヨーガだからか

氏は「食べること」に情熱の炎が燃え盛っていて

酒食に並々ならぬ美学を感じていたことだろう



また

7室で更にラージャ・ヨーガになった9室支配の木星とマハープルシャの土星の影響で

氏は「食べたり飲んだり勉強したり人と会って自由に仕事をする」経験が楽しかったはずだ

(月から見た火星は「飲食」の2室支配で5室に住み木星土星は11室でダーナ・ヨーガを組む)



月をラグナにすると

2室で太陽が高揚しディスポジターの火星は5室で減衰しながらヨーガを帯び

対向の11室で定座した土星は火星が高揚する星座の支配星のため

ニーチャ・バンガが無事に成立し

木星は月のラグナロードで11室に住むためまたダーナ・ヨーガになり

減衰した火星と木星が9室対10室のダルマ・カルマ・ラージャ・ヨーガを組み

特上のニーチャ・バンガ・ラージャ・ヨーガが更に出来上がる



また、司会者・マルチタレントとしても活動していた。
特に司会者としては、三田佳子、芳村真理、野際陽子、和田アキ子、上沼恵美子、山田邦子といった「ツワモノ系」の女性タレント達のサポート役を歴任し、メイン司会者を立てつつ自らの存在感も同時に発揮する独特の司会術を持ち合わせている。


やはり「スピーチ」を意味する2室が強い証拠であり

3室支配でそもそもスピーチの表示体に当たる水星もラーシで11室の牡牛座に住み

ディスポジターの金星は11室の本質たる9室で高揚し

金星には月がコンジャンクトするので即ちマハープルシャ(マーラヴャ・ヨーガ)である



察するに氏は間違いなく人前で自信たっぷりに自己表現することが快く

当初は正統派な舞台俳優を志し文学座の正式座員を目指しながらも

芸能界入り後の翌年には早々と歌手としてもデビューしているのは

本来のラグナから2室目にラーフが住み

ディスポジターの太陽が月の2室目で高揚するからだ



清々しく爽やかな新人時代の徹氏



しかしかつての氏は俳優として自信がまだまだ足りず

どこかで先輩俳優から「とにかく若いうちはよく食べることだ」というような助言も受け

高校までは運動部と文化部の文武両道だったためか

部活動を本気で頑張る少年時代と同じ要領で「食べまくった」結果

30歳という若さで氏は急性糖尿病を発症したのである







ラーシはラグナと月の両方から見て金星と水星が機能的凶星になってしまい

高揚した太陽もラーシと月の両方から見て2室を支配したり2室に住んだりして

マラカの象意を帯びて強く働く所見で

どちらかというと糖尿病というより心臓病(太陽は心臓の表示体)の余地が伺える

(実際に氏は2012年の時点で虚血性心疾患も発症し昨年は大動脈弁の手術を受けた)





ナヴァムシャはより分かりやすく

水星が「寿命」の8室支配でマラカの2室で減衰し対向から火星が傷つけている



金星は星位の悪い山羊座でそれも「入院」を意味する12室に住んでおり

ラグナでシャシャ・ヨーガになる土星が逆行して金星に重なってしまい

傷ついたまま「傷病」の6室にアスペクトするため

おそらく太陽期以降も金星がダシャーで巡ると入院を要するほどの不調を来したはずだ





3室の象意の拡大版で健康運も診られるドレッカナでは

まさに金星と水星が機能的凶星同士で対向し

金星が寿命の本質たる3室へアスペクトバックし

その軸に機能的に吉星の木星も含まれており

木星は「膵臓」の表示体でもあるためやはり糖尿病の所見になっている



木星は10室も支配したラグナロードで良い影響だけ与えるので

若年期のうちは木星の保護で大事にならないが

49歳以降の火星期になると

5室でヴァルゴッタマであっても土星だけがアスペクトする配置で

その頃を境目にして持病が悪化する傾向を強めて行ったはずである



(よく見るとラーフは6室でヴァルゴッタマになり

ディスポジターの太陽に対し11室12室支配でマラカになった土星が逆行した配置で

現行ダシャーの「ラーフ-土星-土星期」は確実に最期の時だったことが分かる)



また







「疾病の経験」を示すシャスタムシャでは

11室12室支配でモロに死の表示体になった土星がラーフと対向し

ラーフは「寿命」の3室に住んで

ディスポジターの金星は12室に在って土星と絡んでしまい

金星のディスポジターはまさに土星となって絶命の還流が出来上がっていた

(なお土星は8室へ逆行することで金星と仮想の星座交換にもなり3室8室と12室が絡む)




その死はどう受け止められたか




 明るい笑顔がトレードマークの渡辺さんだったが、「ああ見えて凄く繊細で凄くシャイな方で。照れ屋さんだから茶化さないと我慢できないみたいな、そんな感じがして」という印象を受けていたという。「本質はとても真面目な方だから、舞台をたくさんやられていたし、シェイクスピアとかもやられてましたけど、“ザ・新劇”みたいなものも本当はもっとたくさんやりたかったんだろうなと思います。(ヘンリー4世の)フォルスタッフとかもやってほしいと思いますものね」と突然の別れを惜しんでいた。




ラーシが蟹座ラグナであれば

氏のアルーダ・ラグナは5室蠍座になり

すると奇遇にも本来のラグナにアルーダ・ラグナのラグナロードが住むことになる



また2室を支配しラーフのディスポジターで高揚の太陽は

4室のアルーダ・パダの支配星であり

月から2室目で高揚するため

終生とても真面目で努力を怠らない勉強家の性格を氏に与えていたようである



俳優・歌手の渡辺徹さんが、11月28日午後9時1分、敗血症のため、61歳で亡くなったことが伝えられたが、渡辺さんとの思い出を問われると、光は「今朝、ここに向かう車の中で知ったんです。まだ信じられない気持ち」と今の心境を明かす。
「渡辺徹さんは、皆さん、ご存知でしょうが、俳優でありながらバラエティーとしても僕らの大先輩。お笑いが本当に好きな人。僕らのラジオにも出ていただいた。とにかく芸人に対するリスペクトをすごく持ってくれている」と偲ぶ。「僕らが、毎年出している漫才のDVDを出し始めて3年目ぐらいの時にお会いしたら『毎年、買っているんだよ』とおっしゃって…。『だったら贈りますんで』と、そこから会うたんびに『あれが楽しみで』って言ってくれた」と語った


そして氏は実力派俳優でありつつお笑い好きの一面があった



おそらくは

ラーシの7室で減衰のラージャ・ヨーガになった木星が

ラグナで減衰した火星と相互アスペクトでグル・マンガラ・ヨーガになり

星位が悪く威力の弱い配置がニーチャ・バンガになることで

逆に共感力があり繊細な心遣いの出来る性格を生み出していて

創意工夫のセンスで勝負する芸人に対し親しみを持っていたことが想像できる



やはり11室支配の金星が9室で高揚し

出生時の7室山羊座がダブルトランジットになり

土星がマハープルシャとなって木星と複数のヨーガを組んでいる氏は

誠実なまま年を重ね多くの後輩たちに慕われた名士だったと言える



心よりご冥福をお祈りいたします



以上

閲覧数:121回0件のコメント

Comments


bottom of page