top of page

選手生命の危機─水原一平の違法賭博に関与した大谷選手の今後





「LAタイムズ」によると、水原通訳は大谷の代理人弁護士から、大谷の資金を違法なブックメーカーで賭けるため「大規模な窃盗」に手を染めたと告発された。2人の情報筋が同紙に語ったところによると、関与した金は数百万ドルにのぼるという。米スポーツ専門局「ESPN」は、少なくとも大谷の銀行口座から450万ドル(約6億8000万円)が使われたとしている。


衝撃の速報から少しばかり時間が経った現在

この刑事事件においては水原からの負債肩代わりの要求に応じていた大谷選手も

懲罰の対象になり得ることが深刻視されている



水原氏は当初、ESPNの取材に、大谷選手に賭博で作った借金の肩代わりを頼み、大谷選手がパソコンを操作して送金する場に、自らが立ち会ったと述べた。賭博の法制度に詳しい米ペパーダイン大法科大学院のモーリーン・ウェストン教授は21日、本紙に「まだ調査が必要」としつつ、「それ(大谷選手による送金)が事実なら、大谷選手も罪に問われる可能性がある」と指摘した。
 米紙ロサンゼルス・タイムズも同日、「違法な賭博業者の債権回収を手伝えば、事実上、賭博業を営んでいることになる」との専門家の見解を紹介した。ただ、水原氏はESPNの再取材に対し、当初の発言を撤回し、借金について大谷選手は知らなかったとしている。


私を含め多くの日本人とアメリカ人が危惧するのは

メジャーリーグ規定により大谷選手が最大1年間の出場停止処分になるか否かである







大谷選手のダシャーは現在「ラーフ-金星-木星期」で

厳密には「ラーフ-金星-木星-ケートゥ-金星期」のあたりだ









最も客観的なラーシは

コンジャンクトするラーフと木星に絡んだ金星がラーフのディスポジターで

金星は月と星座交換しその月が火星とコンジャンクトしており

火星はケートゥのディスポジターになっていて

即時のダシャーがラーシにおいては完全に絡んでいる



人生上でも指折りの上昇期である「ラーフ-金星期」は絡みの有無が最重要だが

大谷選手の場合は月から見直した配置で凶星が多く絡んでいることで

急転直下の不運も生じてくる余地の証明になってしまっている



即ち

牡牛座をラグナとするとラグナロードの金星が6室も支配してマラカに準じ

金星と絡んだ6室在住の木星は8室11室支配のマラカで

月そのものは金星と星座交換して3室対6室の絡みになってまた凶兆を示し

月とコンジャンクトした火星もまた7室12室支配でマラカ的に振舞う凶星である



牡牛座からでは本当にマラカだらけの絡み合いが出来てしまっている





ナヴァムシャは

ラーフのディスポジターの水星が

ラグナの天秤座に逆行することで金星が仮想的にディスポジターになり

金星はコンジャンクトした土星が起こす星座交換で木星と強く絡み

木星はケートゥのディスポジターなので

ナヴァムシャでも全ダシャーが絡んでいることになる



こちらの方では複雑な変則的時運となっているようで

12室を支配した水星と8室支配のラグナロードと6室支配の木星が順当に絡んで

ヴィーパリータ的な展開を繰り出す時運と言えるのはいいが

それでもヴィーパリータの序盤というのは厳しい困難と苦境が付き纏うはずである





前回の成婚報道時に確認したナヴァナヴァムシャでも

やはりダシャー相互の絡みが起きており

7室のラーフのディスポジターの火星が8室目のアスペクトを金星に与え

金星とコンジャンクトした定座の木星は機能的凶星として凶事を惹起し

木星の影響をモロに浴びる金星は8室も支配するラグナロードで

出来れば最も避けておきたい「6室対8室の絡み」が成立してしまっている





更に

肝心な職業運を担うダシャムシャは随分と凶相が強く示されていて

3室に住んで金星とトリコーナになる月がラーフのディスポジターとなって6室を支配し

金星のディスポジターに当たる木星はダイレクトにケートゥとコンジャンクトし

それらのディスポジターの土星が6室に逆行してアスペクトバックしてしまい

土星は本来の位置から9室天秤座と4室牡牛座の両方にアスペクトするので

ケートゥのディスポジターの土星が金星に対しても一応の絡みを作っている



7室獅子座に住む逆行の土星が

「アメリカ本国のありとあらゆる刑法」を暗示する所見であり

それが月から見て10室や11室にアスペクトバックし

月の10室目( まさに職業そのもの )で減衰した木星を処罰するかのようで

月の10室に住むケートゥにディスポジターの生来的凶星がアスペクトバックするのは

やはり「突然の失業」を予兆する危うい不運の印になっている





そしてまた

前回の婚約時の検証でほぼラグナが正しいことが分かったシャスティアムシャは

大谷選手本人から見た「異国の地」である7室獅子座に定座した太陽がアメリカ合衆国を指し

そこでグル・チャンダラ・ヨーガになってラグナのケートゥ( と土星 )と相互アスペクトし

「非常に厳しい法的処罰」を暗示しながら土星とケンドラの位置に金星が星座交換で伏在する



法律の表示体の木星がグル・チャンダラになって太陽がラーフの暴力的な理不尽を発露し

ラグナに住んで「裏切り」の象意をもたらすケートゥが土星の定座でその悲運を実現させる



本当に

何かしらの

法的制裁を受ける様子だ






一先ずは

ナヴァムシャが七転八倒のようなヴィーパリータを見せていることに留意し

続報を待つべきである



以上

閲覧数:122回0件のコメント

コメント


bottom of page