top of page

答えを求め選び取った死─自由を探したりゅうちぇる氏の決意

更新日:7月15日



タレントのryuchellさん死亡 - Yahoo!ニュース



相変わらず痛ましいニュースが絶えないので私も気が進まない



LGBT系タレントで最近は実際に性転換もして第二の人生を歩み出したはずの彼が自死した

私よりほぼ10歳も若くたった27年でこの人生を自ら閉ざしてしまった



1995年(平成7年)9月29日、5人兄弟姉妹の末っ子として沖縄県宜野湾市で生まれる。高校卒業後にアパレル関係の仕事に就くため、上京。
上京後、読者モデルとして活動する傍ら、原宿にある古着店「SUPER WEGO」に勤務。バイト先のアパレル店で出会った「ぺこ」と2014年5月から交際開始。旧芸名の「りゅうちぇる」は、アメリカ合衆国のテレビドラマ「glee/グリー」の登場人物レイチェル・ベリーに由来。モデルのこんどうようぢやとまん、ゆうたろうらとともに、オネエらしさと男性的な面を併せ持ったいわゆる「ジェンダーレス男子」として注目される。

ryuchell - Wikipedia



りゅうちぇる氏は19歳までには単身上京し

アパレル店員とモデル活動を両立しながらパートナーのぺこ氏と出会い

その翌年にはバラエティ番組に出たことが大きな転機になってタレントとして成功した



2016年4月、AbemaTVにて初の冠番組『りゅうちぇる×ちゃんねる』が放送開始。2016年12月28日にぺこ(オクヒラテツコ)と結婚、戸籍名が比嘉龍二、妻は比嘉哲子となる。
2018年7月11日 、第1子となる男児が誕生。

ryuchell - Wikipedia



21歳という若さで結婚しその後2年足らずで無事に父親となったが

性自認に対する強い違和感から「パートナー関係を保ったまま」昨年に離婚し

本当にまだこれからと言えるほど若いその命を終えてしまった



上京後に出会った最初のパートナーと無事に結ばれ

芸能人としても20歳ちょうどで売れっ子の仲間入りを果たせたその境遇に対しては

少なからず風当たりが常に強いままであることに気を病み

それでも自分自身の生き方により良い答えを求めながら悩み続けた結果がこの現実である



仄暗く虚しい思いだがこの顛末を説明しうるチャートを自己流に考えてみた









*****





りゅうちぇる氏の現行ダシャーは「水星-土星-ラーフ期」で

厳密には「水星-土星-ラーフ-金星-月期」である





ラーシを蠍座ラグナとすると

水星も土星も定座して逆行する機能的凶星となった高威力のマラカで

水星とコンジャンクトしてニーチャ・バンガされる金星はラーフのディスポジターで

金星自体も7室12室支配で傷つけられればマラカのように振舞うことになる



ラーシの土星は山羊座に逆行して水星とトリコーナを組みつつ

水星も逆行すると土星に対向し十分な絡みが成立して

ラーフに対しては土星が山羊座に逆行して仮想的にアスペクトを与える





ナヴァムシャは山羊座をラグナに仮定した場合に

逆行した水星が月と仮想的に星座交換し6室と7室が絡み

巻き込まれる金星はラーフのディスポジターで5室支配の「マインド( 深層意識 )」を表意し

そこにラグナロードだが2室支配で逆行するマラカの土星がアスペクトしてしまい

「強い自意識」の5室に「苦悩」の6室とマラカの2室7室が絡んだ時運だった



チャート出力を「1995年9月29日11時50分」頃に選んだ大きな決定打は以下の分割図である





「不意な経験・あらゆる苦難」のD8( アシュタムシャ )は

プラーナ・ダシャーの月まで含め全ダシャーがとても深く絡んで分割図の象意が顕現する



水星は9室水瓶座に住んでディスポジターの土星はラグナに逆行して星座交換が見受けられ

土星はそのままの位置で月と星座交換し金星と対向する2室( =マラカ )蟹座に月が定座する



プラティアンタルのラーフに対し土星は星座交換で水瓶座から牡羊座に仮想アスペクトし

本来の位置の蟹座からラーフのディスポジターの火星にもアスペクトして絡みを持ち

スークシュマの金星と火星はトリコーナになってプラーナの月は仮想的に金星と対向する



この分割図でも金星は5室支配で「苦悩・念慮」の8室で土星からアスペクトバックされ

月と土星は2室8室の星座交換で土星が逆行してマラカに転化し月もまたマラカに悪変する





ラグナが乙女座になるシャスティアムシャは

マハーダシャーの水星が肝心なラグナロードだが

住んでいる12室でマラカ的に働く太陽が定座でコンジャンクトし

6室支配の土星が水星にアスペクトして精神的苦悩を与え

土星が10室目のアスペクトを起こす7室には火星に傷つけられたラーフが住み

ラーフのディスポジターの木星は高揚したマラカで土星は逆行位置からアスペクトする

( 月に対してはマラカの木星が高揚していたり土星が逆行して蟹座を傷つけたりしている )




その生い立ちを振り返る




1995年(平成7年)9月29日、5人兄弟姉妹の末っ子として沖縄県宜野湾市で生まれる。高校卒業後にアパレル関係の仕事に就くため、上京。


りゅうちぇる氏は4人の兄や姉を持つ末の子供であり

つまり11室やその支配星が強くなっている所見が最も具体的で正しいチャートとなる





ラーシは単純に11室( 兄・姉 )で水星が高揚しているのが蠍座をラグナにした理由で

氏は水星がニーチャ・バンガを施す金星も「兄弟姉妹」を指すブラトリ・カーラカだ



兄弟姉妹の表示体が「兄・姉」を意味する11室でニーチャ・バンガされるので

単純に支配星が定座することに加えて兄と姉が実在することを更に説明している





ナヴァムシャを山羊座と見なしたのもヴァルゴッタマの木星が11室に位置するからで

兄姉の表示体の木星は3室にアスペクトバックし3室と11室の関わりが兄弟姉妹の実在を示す

( なおかつ水星が逆行して月と仮想の星座交換になり11室の本質たる9室に水星が伏在する )



上京後、読者モデルとして活動する傍ら、原宿にある古着店「SUPER WEGO」に勤務。バイト先のアパレル店で出会った「ぺこ」と2014年5月から交際開始。旧芸名の「りゅうちぇる」は、アメリカ合衆国のテレビドラマ「glee/グリー」の登場人物レイチェル・ベリーに由来。モデルのこんどうようぢやとまん、ゆうたろうらとともに、オネエらしさと男性的な面を併せ持ったいわゆる「ジェンダーレス男子」として注目される。


人生上でとても大きな経験になった当時は「水星-月-火星期」~「水星-月-ラーフ期」の頃で

D4でも上京し転居を遂げた事実が絡みの有る所見で説明できる





水星は双子座の方で定座して「独立」の11室を強く表意しつつ

月が7室( 引っ越し )に住み水星とトリコーナになって12室支配で遠方への転居を暗示し

絡みの無い火星は9室で定座して4室( 家 )の象意も強くなるという配置で

ラーフも4室を失う3室に住んでディスポジターの金星は星座交換して10室に伏在し

10室とは4室と正反対のハウスでやはり引っ越しの経験をもたらすことになる

( 特にラーフ期の方は月と木星がガージャ・ケーサリで水星も木星へ逆行し絡んでいる )





ナヴァムシャでは水星と月の仮想的な星座交換が6室対7室で「人間関係の一新」を意味し

火星は4室11室支配で「独り暮らし」を意味し7室( 引っ越し )にアスペクトして月と水星に絡む



上京後、読者モデルとして活動する傍ら、原宿にある古着店「SUPER WEGO」に勤務。バイト先のアパレル店で出会った「ぺこ」と2014年5月から交際開始。


この重要な出会いの経験も7室( 配偶者 )に住む金星がラーフのディスポジターであり

ほぼ地続きの経験になって境遇の経緯をそのまま説明できている



2015年9月、『行列のできる法律相談所』に恋人のpeco(旧芸名「ぺこ」「オクヒラテツコ」)と共に出演。司会の明石家さんまとギャグを生み出すなど、これが話題を呼び以降、ぺこと2人揃って「ぺこ&りゅうちぇる」としてバラエティ番組への出演が増加した。

ryuchell - Wikipedia



ぺこ氏との馴れ初めからすぐに人生が上へ上へと急進展した同時期は

「水星-火星期」に入って2ヶ月ほどのタイミングだった





ダシャムシャは

水星が11室から5室にアスペクトバックする強力な配置である以上に

「芸能活動」の3室で定座する火星が10室も支配して実際に10室へまたアスペクトバックし

その位置へと水星が逆行する高威力な絡み方が実現するカルマ的な時運だった



ナヴァムシャも8室獅子座から逆行する水星が火星の起こす7室へのアスペクトを受け

9室対4室11室の絡みが成立してラージャ・ヨーガとダーナ・ヨーガを繰り出し

水星と月の星座交換で月が7室に定座するようにも働いてビギナーズラックが漲っている



それから



2018年7月11日 、第1子となる男児が誕生。


やはりこの事実も実証不可欠であり

逆算すると「水星-ラーフ-水星期」開始から約1ヶ月を経ていた





水星は5室から5室目で子供の本質となる9室支配で11室に住み

コンジャンクトして星座交換も起こす金星はラーフのディスポジターで

ラグナロードと9室支配星の重要な絡みに5室支配の土星と木星がコンジャンクトし

実子の懐妊が実現しなければおかしいと言えるほどの良い吉兆が成立していた





しかし運命とは至極理不尽で

水星と土星の強い絡みは「性自認の不完全」を意味し

サプタムシャでは土星と水星が5室と9室を支配して両者とも機能的吉星だったので

無事に子供こそ授かれたもののラーシでは水星が逆行して土星と対向し

ナヴァムシャは水星が獅子座から逆行すると山羊座にもアスペクトし土星と間接的に絡み

蟹座に逆行する水星に土星もそのままの位置からアスペクトし

水星と土星がお互いに関わり合ったまま逆行しているため

「ジェンダーを曖昧にさせる中性性の表示体」としての影響が凶意方向へ働いていたのである

( また月と水星の星座交換も容姿と性的志向が中性的になり結果的にジェンダーレスになる )



2022年8月25日に「父親であることは心の底から誇りに思えるのに、自分で自分を縛りつけてしまっていたせいで、夫であることには、つらさを感じてしまうようになりました。」と妻pecoに明かし、離婚届を提出。

ryuchell - Wikipedia





昨年のこの時節は「水星-土星-金星期」で

ナヴァムシャは水星が土星のアスペクト位置に逆行し金星はその両者に巻き込まれる





山羊座ラグナであれば

水星は「離婚」の6室支配で土星は逆行すると8室の表示体のように働き

金星は男性のチャート上で婚約者の表示体である




その死が後世に残す余韻とは






りゅうちぇる氏はダシャーが水星期の最後のアンタルダシャーで

即ちすでにケートゥ期の影響下を進んでいた



「名誉・栄達」のD11はまさにケートゥがラグナに住み

ディスポジターのラグナロードの金星には11室から木星が定座の強いアスペクトを与える



不思議なもので物質的な成功を予見させるD11でありながら

ラグナに住んだ火星は7室12室支配のためマラカであり

それが3室支配で「寿命」の表示体になった月へ8室目のアスペクトを起こしており

ケートゥ期に向かうダシャーチッドラの凶意的な潜在運がD11で明示されていたようだ

( よく見ると水星はラグナロードの金星とコンジャンクトしていてケートゥの影響を受ける )



7室のラーフに対し火星はアスペクトで凶意を与えつつもアスペクトバックであり

11室で木星とコンジャンクトした土星はそのままラグナにアスペクトし

逆行してからラーフにもアスペクトを与えている



「僕は可愛いし、生きます」「そしてあなたも、生きて」 急死のryuchellさん、かつて誹謗中傷に返した言葉(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース



その所見は火星が氏本人に対する執拗な差別と排撃を意味し

吉意が最高位の土星は逆に厚い栄誉を指す



間違いなく氏の突然すぎる「旅立ち」を目の当たりにして

世論が悲しみと怒りから多くの提言と行動を起こすその予兆を描いており

火星はマラカだが土星は9室10室支配で最も優れたヨーガ・カーラカであるため

このD11の核心たる11室で定座の木星とコンジャンクトした配置が

りゅうちぇる氏のいなくなってしまった今この時に深い哀悼と敬意を実らせるはずである




言葉を選ぶことの方が貴方にとっては不自由だったのでしょうか




「形のある限界」を越えて行くことが正しい時代性になっていく水瓶座の途上で

諦めかけている人の声を一人でも多く受け止める努力が

我々ジョーティシャーにも求められている




言葉にならぬ思いにこそ

真の自由を与えたい




以上

閲覧数:101回0件のコメント
bottom of page