top of page

業務対応で運転中に速度超過の取り締まりに遭う─各種時運を診る






3日前の11月20日

人手不足が慢性的になっている自社の納品業務を引き受けていた私は

自社工場から数kmほどのところで不覚にも速度違反の取り締まりに遭遇した



場所はとても見通しの良い1km弱の直線道路の途中の位置で

信号もなく民家がポツポツと建っている以外に雑木林や倉庫等しかない田舎道を

私は時間に追われながら自分なりの急ぎ方で程々に飛ばしていた



時刻は「10時39分」だった



あと少しで国道のバイパスに合流する交差点が見えてくるその路上に

警察官が大きな手旗を持って立っている



まるで小学生の登下校を案内する際に使うような

止 ま れ 」の文字が記された三角の手旗を警察官が胸の前で掲げ

走ってきた私に向かって停車しろという指示のポーズを見せた



工場の製造内勤部署も人手不足からギリギリのタイムスケジュールで動くしかない自社は

地場に詳しいベテランの配達部隊が巧みに時短の技術を用いて所要時間を合理化しているが

やはりどの納品担当者も人通りの無い「裏道」の類では確実に急ぐことで都合をつけている



出発時刻もほぼギリギリでやっと最初の2,3件を済ませたばかりで

最初に時短ができるストレートの往来を急いでいた最中に制止を受けた私は

混乱気味にパワーウィンドウを下げて「何ですか!?」と大きな声で訊ねた





私よりも明らかに若くまだ新人の警官が「速度違反です」と無表情なまま答えて

手旗を持たない方の手で指差しをして道端の空き地に移動するよう命じて来た



よく憶えていないが

この時点で私は頭に血が上って車内で何か文句をこぼしながら空き地に入ったと思う



ライトバンのタイプのパトカーのそばに立っているもう一人の警官に向かって

私は大人げない無遠慮さで「これは仕事でやっているんですよ!」とがなってしまった

( もちろん業務中は自社で指定したユニフォームを着るので私も一般従業員の格好だった )



単に乱暴な態度というよりも真剣に悶々と悩むように私は眉間にシワを寄せて

怒鳴り過ぎない程度に警官へ恨みの言葉をぶつけたのが逆によかったらしい



手旗を持っていた警官より少し年上の警官が見開いた眼で私の取り出した免許証を眺め

私が丹念に怨恨を込め「ふざけんなよお前」とメンチを切るその視線に気がついたように

そそくさとペンを私に差し出し「現住所と電話番号をお書き下さい」と丁寧に促してきた



罰則金¥15,000の金額が手書きされた払い込み用紙を処理し

青切符を警官が書き上げ切るまで改めて私が不服な素振りで尊大そうに待つと

「それでは出来れば今日中に地域の警察署本部までお越し願います」と恭しく呼びかけられ

やっと私は解放された



それだけでも貴重な数分間が奪われてしまい

その日の納品は自社で一応の制限時間としている正午までの製品全納」を守れなかった



改めてこのエピソードを細密なダシャーに照らしてみたい







私が速度違反をしたそのタイミングは

2023年11月20日午前10時39分

木星-土星-土星-土星-月-水星期」あたりのはずである





ラーシを見ただけでも

4室射手座の火星がものの見事に警察の表示体として働いているのが分かる



ダシャー自体は土星と月の絡みが無い以外は上位のダシャーが下位のダシャーと絡む



逆行する火星は逆行した位置で土星と重なりながら木星にアスペクトバックし

本来の位置で水星と対向して11室蟹座にアスペクトしつつラグナの月と絡む

( なお土星と月については土星が逆行した位置から蟹座にアスペクトして弱く絡む )



火星がラグナロードと相対するのはもちろん

プラティアンタルまでの主要なダシャーの木星土星に火星が絡むために

今の私は些細なルール違反でも警察の摘発を受けやすいようだ





ナヴァムシャでは本当に全ダシャーがしっかり絡んでいて

木星がアスペクトする土星は逆行した位置の乙女座で月と相互アスペクトし

乙女座には星座交換で水星が定座したようになる



ナヴァムシャの方は

天秤座で高揚した土星が8室9室支配で「厳しい刑罰の表示体」になり

火星ではなく土星が警察( 公安組織 )を表意していたことが分かる



その土星は本来の位置で牡羊座と対向し

逆行すると蠍座にもアスペクトして間接的に絡みが生じ

火星の方も逆行して定座する蠍座から9室水瓶座にアスペクトして

曖昧ながらも火星と土星が絡むため

月から10室目に当たる7室射手座の火星が

結果的には警察の表示体として機能したとも判断できる



火星土星の絡みは「抑圧と緊張が襲う修羅場」そのものであり

私の場合はナヴァムシャで火星と土星に木星がアスペクトして保護し

火星のディスポジターがそもそも木星なので

私が少しくらい口答えをしても大事にならずに済んだのである





車やその他の乗り物に乗っている時の経験を説明しうるショダシャームシャでは

やはりデーハ・ダシャーの水星が月と絡まない以外は各ダシャーが絡んでいた



興味深いのは

D16の土星がラグナと月の両方から見てヨーガ・カーラカになることであり

逆行しても山羊座に定座できる土星は本来の位置で木星にアスペクトされる



凶意のハウスを支配せずに水瓶座で定座した土星が吉意の保護を受けた結果

「悪態をつく私に飽くまでも丁寧に応じてくる警察官」というその姿を写実している



今こうしてD16の所見を注視すると確かに3日前のトラブルを説明できていて面白い

( ここでも警察の表示体の火星は木星がディスポジターになり逆行位置でアスペクトされる )





試しに極限のチャートであるD150はどうだろうかと確かめてみると

驚いたことに全ダシャーが変通星座に住んでケンドラの絡みが完成していた



ラグナロードになった土星に対向する定座の木星は

「男性星座で火のサインに住む法律の表示体」であり

3室12室を支配したマラカとなって働くことで

私自身を意味する土星がアンタルダシャーになった途端に

警察の表示体のように働いたようだ



注目すべきは乙女座対魚座軸の水星と太陽の相対で

8室支配の太陽( 公的な制度や処罰の表示体 )が9室( ≒法律 )に住み

対向位置で減衰してしまった水星は3室に住んで「移動中の出来事」を意味していた

( 3室は4室を失うハウスなので徒歩や車等で移動する行為も指している )



またこのナディアムシャでも木星のアスペクト位置に火星が逆行しており

4室に定座したようにもなる火星は7室に住む10室支配の金星にアスペクトで束縛を与える



ここでも火星はやはり警察の表示体として働き

車等の乗り物は凡そ金星がその表示体なので

確かに正しい説明ができている



木星がアスペクトで吉意を施す火星は

即ち車で走っている最中の私」( =7室に住んだ10室支配の金星 )を取り締まる警察を意味し

ナヴァムシャ同様に木星が土星と火星の両方にアスペクトできているので

手厳しい扱いを受けずに¥15,000の罰金というまだまだ軽い処分で済んだらしい




とはいえ罰則金の支払いは絶対だ






改めてラーシを見直すと

ケートゥの住んだ2室には土星が逆行して高揚してしまうので

12室の表示体のケートゥに6室支配の土星が働きかけて

私は今後2年強の間に「不意な出費」( 突然の損失 )を幾度か経験させられるはずだ





その見込みの方がよほど重たい凶兆だろう

アンタル土星期はまだまだ十分に長い



これでまた少しジョーティッシュ的な進歩があったのだと思いたい



以上

閲覧数:43回0件のコメント
bottom of page