top of page

林佳樹(YOSHIKI)氏と出山利三(ToshI)氏のラグナ検証

更新日:2022年5月20日







読者各位もご存じのようにこの一週間で芸能界から衝撃のニュースがいくつか伝えられた



私が前回に挙げた上島氏の訃報に隠れてしまっていたが

J-Rock界のレジェンドであるYOSHIKI氏についても悲報が新たに舞い込んできた






実母様が逝去されたそうである




(氏ご本人のInstagramより)



YOSHIKI氏が心から敬愛していた実母様

このご不幸に際し私は氏の生い立ちを今一度だけ確かめて

ジョーティッシュできないかと考えた



まず現在のダブルトランジットは以下の通りである



以前の投稿でも扱った通り蠍座にダブルトランジットが起こっている



このダブルトランジットが励起した結果の経験が今回の悲報であることを鑑み

これまでの氏の輝かしいキャリアも含んだバイオグラフィーを再確認した限りでは

以下のようなチャートになった





4室を母親のラグナにすると水星は機能的凶星になりラグナロードは強くマラカに絡む



蠍座ラグナでは水星が「理不尽・災難」の8室を支配し

激しいエゴを意味する11室も同時に支配してかなり厳しい凶星となって働く

連日連夜のニュースで主要な話題であるあのプーチンも水星が12室に住んでおり

マハーダシャーが水星期の現在は明確に持病の更なる悪変が報じられている



肉体全域の「神経」を表意する水星が蠍座ラグナの場合は凶星化するので

臓器の各所が次第に機能不全になって次々と異なる疾病を起こすように働いてしまう



蠍座から数えて10室目を支配する太陽がその蠍座に住み

12室の表示体であるケートゥが伴う配置は

おそらく先月末4月30日頃に蠍座へダブルトランジットが発現した時点で

家の外(≒10室)にある公的機関(≒太陽)の病院(≒12室)に入所していたようである





また上記のトランジットチャートではラーフが牡羊座を進んでおり

蠍座から見た6室であるため「傷病」の象意が起こり

ディスポジターの火星が蠍座4室目に在ってトランジットで定座する土星と絡む



4室とは身体部位で「胸部」(肺)を指示しトランジットの火星と土星がその位置を傷つけ

火星は蠍座から見て「回復力」を意味する11室(「傷病」の6室の結果)をアスペクトで損ない

トランジットの水星はラーフが住む牡羊座へ逆行し機能的凶意が逆行により増悪している



また水星は臓器単独の象意としてやはり「呼吸器」の表示体であるとされる


YOSHIKI氏の4室蠍座は水星が住みケートゥがコンジャンクションした配置で

おそらくは心肺周辺の疾病(水星を指し太陽は心臓を指す)だったと判断できる


ケートゥは刃物の表示体であるため緊急手術なども施行されたことが伺われる



このような悲報を我々が受けるに至った理由であるが

蠍座ラグナは土星が3室4室支配で機能的にも凶星化したマラカで

木星は機能的にも吉星だが2室(マラカ)を支配してしまう星だからだ



氏本人の4室は「6室対8室」のダブルトランジットになりトランジットの火星も月を傷つける



母親を意味するハウスと表示体が二重に凶意の時運を迎えていたために

YOSHIKI氏は今回の悲痛極まる報せを受けなくてはならかったようだ





実母様のご訃報に接し 心から哀悼の意を表します

安らかにご永眠されますようお祈りいたします




*****************************************




Y O S H I K I 氏 の ダ シ ャ ー 整 合 か ら 分 か る こ と




YOSHIKI氏は実弟である林光樹氏がマネージャーとして国内のスケジュールを管理している





光樹氏の生年月日は「1970年7月22日」とされる





光樹氏の生誕時のダシャーは「火星-木星期」の途上だった








「家族」の2室とそこに住む月から5室9室でダブルトランジットが生じ金星は3室の支配星だ




3室は「弟・妹」のハウスである


YOSHIKI氏の本来のラグナから3室目は金星が支配し

氏の月から3室目は火星が支配するが

その両方が見事に木星(子供の表示体)と対向している



光樹氏誕生の約10ヶ月前の頃に起きた山羊座と牡牛座へのダブル・トランジットは

YOSHIKI氏の月から5室目9室目で生じており即ち「子供」の象意をかなり強く醸している



この時にダブルトランジットが起きた牡牛座の支配星は天秤座も支配する金星である



よく見るとトランジットの火星も氏の火星にリターンし氏の木星と対向していたりして

本来のラグナと月をラグナとした場合の3室目の支配星が運気の結実を起こしている

(また氏の月から9室目で高揚の月は実母様が光樹氏を懐妊したことを示すのかも知れない)



かなり変則的ではあるが各々の3室の支配星が木星と対向しているため

来たるべき時運でYOSHIKI氏は弟を持つ兄となる運命だったことが分かる




それから






1965年11月20日に、千葉県館山市の老舗呉服店を営む家庭の2人兄弟の長男として生まれる
4歳になると父からピアノを買い与えられ、自宅そばのピアノ教室でクラシック・ピアノのレッスンを受け始める
病弱で重い小児喘息を患っていたために、小学校中学年になるまで頻繁に入退院を繰り返す生活を余儀なくされた

                         



とても重要な生い立ちが数多く記録されてある



病弱ながらも文化的で質実な幼少期の人生が正しくチャートで示されなければならない



「家庭生活」の2室支配の水星とラグナロードに高揚のケートゥが伴い木星が対向してくる




配置の妙と言えるのは

木星がラーフとコンジャンクトせず逆行して絡むようになることで

逆行した位置の牡牛座から機能的にも吉星の木星が2室と4室の両方に厚い吉意を恵む配置だ

木星が11室に住んだ配置により対向5室に吉意のアスペクトバックも起きており

知性や感性(≒5室)が堅く確かな成長を遂げられる所見になる



ケートゥが高揚して木星から仮想アスペクトされるため

「上品で奥ゆかしい高貴な家柄」という伝統や格式の姿形を絶妙に写実している

また月をラグナにすると金星が「家庭環境」の2室と「父親」の9室を支配してディグバラとなる

即ち実父様の方がYOSHIKI氏にとても寛大で実母様は逆に「躾ける側」の役割だったらしい



YOSHIKI氏は2歳5ヶ月になった頃からマハーダシャーが火星期となったが

獅子座ラグナは火星が「母」の4室と「父」の9室を同時に担う希少なヨーガ・カーラカであり

その火星の配置の良し悪しで音楽を含む素養や人間性の行方が決まって来る



氏はまさに火星が5室でラージャ・ヨーガになり3室支配の金星とコンジャンクトしている

9室から9室目でその結果たる5室は火星が金星を伴っているため如実な「音楽の才能」である



改めてその時期のエピソードを振り返ると

4歳になってから父からピアノを買い与えられた」とある




5室対11室の軸で5室と8室と9室が絡んでいる




5室に住んだ9室(父親)を担う火星にディスポジターで5室8室支配の木星が対向し

父(9室)が子供(5室)のために知的教育(≒木星)の一環としてプレゼント(8室)を贈ったのである



5室とは「芸術(音楽)」のハウスであり9室はその5室の結果たる高次な知性を意味し

火星が凶意をほぼ帯びないままディスポジターで大吉星の木星に守られるため

幼少のYOSHIKI氏にとっても心から喜べるサプライズ(8室)だったと言える



また



病弱で重い小児喘息を患っていた


とのことだが

やはりそれは8室の表示体で重たい困難を表意する土星からの影響だと判断できる



7室でシャシャ・ヨーガとなった土星が4室のラグナロードと水星にアスペクトする




これはまさに冒頭の記述に戻っていく話にもなる配置の妙であり

4室とは医療占星術で「胸」(肺臓)と呼吸器系の生理的健康を意味し

YOSHIKI氏の4室にはラグナロードでありつつ「全身」や「心臓」を指す太陽が住み

コンジャンクションした水星は神経系統やまたは端的に「肺」そのものを象意する



だから氏は幼いうちほど喘息の症状がキツいままであり

マハーダシャー火星期では4室蠍座がダシャーラグナから12室目になってしまい

その蠍座に12室の表示体であるケートゥが住むので「入院生活」も経験していたのである



しかし4室蠍座には対向10室へ11室から木星が逆行するためアスペクトが起こるようになり

次第に抵抗力も温存されて体質が向上していき

9歳と5ヶ月頃にマハーダシャーがラーフ期へ入ると

ラーフのディスポジターの金星がラグナになってまた木星と向かい合い

肉体的にも精神的にもとても健やかな児童へと成長を遂げていったようだ

(Wikipedia原文でも頻繁な入退院は「小学校中学年になるまで」と記載されてある)




人 生 最 初 の 悲 劇 と な っ た 父 の 急 死




幼少期のYOSHIKI氏とご実父







小学校5年生の夏休みの頃

身体も着実に健全になってきたYOSHIKI少年に全く不慮の非業が待ち受けていた



父親が突然の自殺を遂げたというのである




ダシャーは「ラーフ-ラーフ-水星期」のタイミングだった




9室牡羊座をご実父のラグナにするとその整合が明確に見て取れる



プラティアンタルダシャーの水星はディスポジターが実父を指す火星である



また当時のトランジットを確認すると──



実父のラグナから見た6室を実父の4室を支配する月が進みラグナに土星がアスペクトする




父親のラグナである牡羊座には「突然の諦め」をもたらしてしまうケートゥが踏み入って

更に8室や12室を表意する土星だけがアスペクトしてくる配置が重篤な凶意を醸す



この時YOSHIKI氏のD1にはトランジットの月がリターンし

しかも氏本人にとって月は12室の支配星となって家族」の2室に住んでいる



身体の一部のように不可分だった父の死

その驚きと悲しみは強く育とうとしていた氏の幼い心を再び傷つけ損なわせた







しかしそれが後に氏本人にとっても本当に不本意で身勝手な理由で遂げられた自死だと知る





この数年間の急転直下な心の起伏は

奥深く秘められた激情との対話や愛を拒絶しながら愛に憧れる悲哀となって溢れ出し

肉親さえも信じられないがそれでも誰かを信じ誰かを愛してみたかった」思いへ通じて行く




これが「X」の血であり肉であり魂である




父との思い出をかき消していくようにYOSHIKI少年は

全く新しい音楽へ没入するようになった



70年代前半にイギリスやアメリカでplayされ始めたハード・ロックである









実父の死後には人生で最初のバンド活動を創始し

高校2年の1982年には今この時へと続くオリジンであるX(後のX-japan)を旗揚げする




過 去 の 自 分 と 決 別 し 音 楽 が 人 生 そ の も の に な っ て い く 青 春 期




(中学の卒業アルバムの写真)




氏がそれまでの「絵に描いたままの箱入り息子」から

ガラリと変貌して激しいロックの血肉をみなぎらせるようになったのは別に訳がある






時は昭和50年代の前半であり

東京都内でさえ中学生の生徒児童は丸刈りというくらいの世間体だった



その当時に服装や髪型を “ ほどほど ” に放任されていたYOSHIKI氏は

初めてその個性を強く侵害され両親からも受けなかった叱責を他人から与えられたのである



YOSHIKI氏のまだまだ曖昧だった大人達への違和感がたちまち怒りと憎悪となって猛る




明らかに「ラーフ-木星期」の突然変異的な感情の発露である




木星は10室で高揚するラーフに逆行することでグル・チャンダラ・ヨーガを模して働く




この頃からYOSHIKI氏はそれまでの自分を脱ぎ捨てるかの如く秘めた思いを吐き出した



実父の死後にはすでに音楽友達らと小学生ながらバンドを組んだ早熟な氏は

13歳の時点で続けていたバンド活動を更にtune-upさせ

「DYNAMITE」と名乗っていた自らのチームを「NOISE」というネーミングに改名する



まさにその名の通りヘヴィーなハード・ロックの意匠を志していた



そしてバンドの結成時からすでにYOSHIKI氏と共演し後の最高なbuddyとなる友が在った





現在の「ToshI」こと出山利三氏である








YOSHIKIとは幼稚園で出会い、1977年にバンド「DYNAMITE」、1978年にバンド「NOISE」をYOSHIKIと共に結成。「NOISE」ではギターを担当した。


とても早くに然るべき出逢いを果たしていたこの事実が

ToshI氏のチャートに明示されていなければならない

なおかつ音楽への素養や志向が良い可能性となっている所見も不可欠である





ラグナロードの土星は「声」の2室で定座し月から見た2室支配の火星も9室(音楽)で定座する




ToshI氏は3歳の頃にはYOSHIKI氏と同じ幼稚園でほぼ友達のような関係だったらしく

その出会いは今もまだ途切れ切ってはいない交友であり

ナヴァムシャも含めてダシャー上でかなり有意な絡みが生じている必要がある



「水星-金星期」の後半頃に二人は出会っている




ナヴァムシャでは水星と金星が8室対9室で星座交換し月から見て10室対11室の絡みである



ナヴァムシャの所見だけでもかなり有意な根拠だと言える

9室は友達(「評価してくる相手」の11室から11室目)で8室は「頼り頼られる」深い縁を指す

それが月から見ると10室対11室であり即ち「家の外(≒10室)で付き合う友達(≒11室)」となる



他方で



こちらはよりドンピシャで金星が水星のディスポジターになった10室対11室の絡みだ



水星金星の絡みは人生の深層部を写すナヴァムシャのそれとほぼ同じ様に繰り返されていて

本来のラグナから見て10室対11室の絡みだが月から見直すと8室の支配星が9室に住む配置だ



月から見て7室支配の水星が8室に住んで水星のディスポジターの金星は9室に住んでおり

断ち切れないような深い懇親がそのまま理想の達成に通じる道の第一歩になる出逢いだ



そもそもToshI氏の9室(友達)に住んだ8室支配の太陽はYOSHIKI氏のラグナロードである



なかなか不思議な縁から形になった交友関係だった



二人の出会いは幼少期のごく早くからすでに約束されていたらしい




卓 越 し た 互 い の 音 楽 的 才 能







お世辞抜きで当時としてはかなり大人びて早熟だったYOSHIKI氏とToshI氏




14歳になったYOSHIKI氏は実母に頼み込みダブルベースのドラムセットを買ってもらい

練習に励む傍ら更にロックなヴォーカル表現に挑むも思うような歌唱が出来ず

同級生をヴォーカルに招き入れて自身はドラム演奏のみに徹するようになる





時運は「ラーフ-木星-火星期」でアンタルダシャーの終盤頃だ



「ラーフ-木星期」はラーフのディスポジターの金星が木星と対向し5室が非常に強くなる



この時点ですでにドラマーとしての個性と才能が芽吹いていたようだ



10室の支配星と4室9室の支配星が住んで三重のラージャ・ヨーガになった5室射手座は

「手」を意味する3室支配の金星と9室(5室の結果≒「音楽」)支配の火星で占められる



医療占星術で3室が「肩・両腕」の部位も指示して5室はその3室から3室目のため

明確に楽器の演奏に全身全霊を注ぐ熱気の躍動のような姿を示しつつ

それは月から見た4室なので金星が9室を支配して二重に音楽の象意を担い

月から見た火星はやはり「手」を指示する3室と「無心の気力」や「衝動」の8室を支配する



またその月から4室目の所見が面白い表現になっていて

4室というのは「机」や「構築物」という形ある器のような趣意があり

火星自体も大地や床面に据え付けらえた造成物(躯体物や建物)を意味することから

定位置に座を組んで何かのパフォーマンスを行う「ユニット」の比喩になり

つまりはドラムセットを指している様相だと言える




(高揚のラーフのディスポジターである金星が凶星の火星に更に励起された激しいプレイ)





そして中学生当時のYOSHIKI氏により新ヴォーカルに指名され後にXの柱となったToshI氏



本来のラグナと月から見たそれぞれの2室(声)と3室(歌唱)の支配星が強くなる位相である



時代を超越して今も世界で認知される悲哀と優しさを帯びたハイトーンヴォイス

2室で定座の土星が11室蠍座にアスペクトしその土星には3室支配の木星がアスペクトする

土星にアスペクトされる火星は月から見た2室の支配星で金星は月から3室目の支配星だ



ToshI氏の出生タイミングは牡牛座蠍座の軸が極北の強さを実現した因果な配置と言える

高揚のラーフケートゥと各々のディスポジターの火星金星が定座するかアスペクトバックし

火星は11室で定座し金星はラージャ・ヨーガ・カーラカで火星と更にラージャ・ヨーガを組む



歌唱力と声の質に細やかな情緒を与えるのが実はケートゥの働きである

ケートゥは生来的吉星に絡むと「分解・抑制」というその象意が陽極方向に作用し

関わったハウスの象意などが(機能的吉星の場合に)清浄化され本質的に働くのである



火星は山羊座ラグナで機能的凶星だが機能的吉星の土星がアスペクトし

音楽の表示体で機能的にも吉星化した金星は更に真価を顕現しラーフへとアスペクトを返す

しかし月から見た火星は2室9室支配で吉星化し金星は逆に凶星化するため

ToshI氏の歌唱には激しさと優しさが宿りその両端を反復して憤怒と悲哀がせめぎ合う



このラーフケートゥ軸が月から見て「自己表現」の3室と「高次な知的感性」の9室となり

筆舌しがたいほどの眩しく澄んだ歌声をToshI氏にもたらしているのである



故にToshI氏のハイレベルなアクトはインディーズの時点でほとんど完成されていた



(※途中で音声がモノラルになります)






この屋外ライブの翌年1989年4月21日にX-japanは「X」としてメジャーデビューを果たす




YOSHIKI氏は「ラーフ-金星期」の終盤頃だった



D1の強さもさながらにD9はラーフのディスポジターの火星がラグナで定座した金星と絡む



ナヴァムシャの火星は減衰するが月がコンジャンクションし定座したニーチャ・バンガで

本来のラグナから10室目で月のラグナ(1室目)に住むため吉意が復調してくる

そこへ生来的吉星の木星がアスペクトして保護を与えるので時運としては十分に万端である



D10はラーフのディスポジターの火星が金星とケンドラの位置関係で見事に絡む



なおかつ月から見た火星は月のディスポジターで5室に住んでラージャ・ヨーガとなり

金星は月から見て12室支配で8室に住んでヴィーパリータ・ラージャ・ヨーガを生じる



手放しで「天晴れ!」と言える時運が叶っていた



一方でToshI氏は





やっと金星期の最初のアンタルダシャーが終わろうとしていたタイミングだった



金星単独の配置はナヴァムシャで独特な逆転的吉意の所見が実現している



ラーシは金星がラグナになると7室で高揚したラーフにアスペクトバックして恐ろしく強く

ナヴァムシャも金星が本来のラグナから8室目で減衰してパラーシャラの例外則になり

それは月から見ても6室11室支配で減衰し再びパラーシャラの例外則が生じている