top of page

今度こそ期待できるか─「木星-木星-月期」の到来





内心ビビッていた「木星-木星-太陽期」が気付けば終わっていた

大した問題も無く杞憂で済んだのは良い心構えだったと考えるべきだ





そしてまたラーシ以外では随分と絡みの有る「木星-木星-月期」が3日前に始まった



率直な感想としては「過ぎた期待は持たない」の一言である



何故ならば






ダシャムシャで大変なお祭り騒ぎを想像していた「木星-木星-金星期」は

高揚のラーフとコンジャンクトしたマハープルシャの金星が

ただ単に12室的な「限界ギリギリまで追いつめられる労務」を強いてきただけだったからだ



2ヶ所の自社工場で突発の人員不足が生じて

一ヶ所では派遣されていたベトナム人の技能実習生が満期で帰国し

もう一ヶ所は納品要員の従業員がコロナ陽性となって緊張の有事体制になってしまった



その結果

私も常務も明け方5時には技能実習生の代打で当該工場に出勤し

それが終わると今度は納品業務への応援で別の工場に移動し

割と冗談抜きで12時間程度は何かしら仕事をしている状態だった



これほどの激務に耐えられたのは

やはりダシャムシャのラグナでマハーダシャーの木星がラージャ・ヨーガを帯びるからで

木星は月から見ても5室支配で4室に住んだラージャ・ヨーガであり

月の10室目でラーフを伴った強烈なマハープルシャの金星と相互アスペクトし

ラーフ・ケートゥも5室と10室の支配星に絡んでラージャ・ヨーガになっていて

「これでもラーフ期よりはマシだ」と自分に言い聞かせて前向きに汗を流せる頃だった



生来的吉星の金星がケンドラの7室を支配すると吉意が薄れるので

その金星が12室も支配してラーフがドーピング的な拍車をかけると

「棚から牡丹餅」な役得とは180度逆の経験が降りかかってくるのである






改めて現在の時運をダシャムシャに照らすと

ダルマ・カルマ・ラージャ・ヨーガになった最上級な配置の月が

ラグナの木星とガージャ・ケーサリ・ヨーガを繰り出しており

やはり木星も2室5室支配の純粋な吉星でラージャ・ヨーガを帯びている



またもや配置が良すぎるので正直やはり憂鬱だ



というのも

例によって今回のプラティアンタル月期はラーシ以外なら複数の分割図で絡みが有るからだ



確かめてみたところ今回の時運はやや精神的な自由がやって来るらしいのである



ナヴァムシャもガージャ・ケーサリ・ヨーガで木星は月のディスポジターである



「霊的な実践」を意味するD20では土星と星座交換した月に木星がアスペクトする



D45はダイレクトに木星と月がコンジャンクトし木星もヴァルゴッタマで影響力が強い



「ナヴァムシャの根源」のような深い自我を指すD5でも木星が月にアスペクトする



そして注目すべきは

「運命の突然変異」とされるD8( アシュタムシャ )で

かなり強い吉意の絡みが起きていることだ



7室で高揚のマハープルシャになった木星と月がまたガージャ・ケーサリを組む



月はまさに木星のディスポジターで

7室支配の月が10室に住んでダシャー同士が絡むので

分割図自体は凶意の運勢図でありながらも

つい「雷に打たれて身も心も変わってしまう」かのような偶然( ≒8室 )を期待してしまう



3室12室支配の木星が7室で強くなる配置は

おそらく「遠方への旅行先で大変な出会いに恵まれる」という経験かも知れない



木星はラグナロードの土星が住んだ3室魚座にアスペクトバックしており

即ちこうしたジョーティッシュの取り組みを経てグルのような相手( 7室の木星 )に遭遇し

アンタルダシャーが土星期になって木星期が本格化すると

私自身がグルの立場に在るというよりは

優れた諸先輩各位と何度も知己を得られる境遇に私は置かれていて

それをD8が指摘してくれているのは確かに嬉しい



なおもまた



お馴染みのD150でもガージャ・ケーサリを起こした木星は定座してかなり強い



ヴァルゴッタマになった月からケンドラの位置で木星が定座するのは

つまりマハープルシャであり

4室7室支配で4室に定座する木星は

やはり私が教師のような巧みな知見で沢山の相手を診るという営為を意味する



しかし木星と対向した土星はナディアムシャのラグナロードで

ラグナと12室の絡みになり

今年の11月初旬に迎えるセカンドアンタルダシャーの土星期には

やはり会社経営を何らかの方法で自ら終えてしまっている未来が思われる



まるで想像できないが

「木星-木星-月期」はダシャムシャとナディアムシャで木星と月が強いまま絡むため

実益性は乏しいものの再び高い理想を掲げてジョーティッシュに打ち込める時になるだろう





そしてすでに影響力が出始めているダブルトランジットは

私の8室12室に生じており

8室にはラーフがリターンすることも手伝って

やはり「私生活で衝撃的な出会いがやって来る」見込みが大きい

( ただし12室的な経験なので気力体力や金銭の空費も覚悟すべきではある )



全く無防備なところに嬉しい驚きがあるのなら今度くらいは羽目を外してみたい



もし朗報があればまた報告したい



以上

閲覧数:59回0件のコメント

Comments


bottom of page