top of page

ダシャーに対する実験的旅行の結果報告

更新日:5月7日





あっという間に2泊3日の北海道旅行が終わってしまった



帰路でもすでにアレコレ考えていたが

結論としては「D8の配置はある意味で大いに正しかった」ということだ






この分割図で木星を高揚させる蟹座が何を意味していたかといえば

明らかに一人旅を考えていた私の予定を塗り替えた相方そのものだったようだ







彼は本来なら火星がラグナロードになる牡羊座ラグナだが

周囲から見た客観的な性格は蟹座で強く表意される







それはもちろん彼のアルーダ・ラグナが蟹座で

ラグナロードは彼本来のラグナに住んでヴァルゴッタマの満月だからだ

( その月はアルーダ・ラグナから10室目に住んでいてなおも強く影響している )







彼と私とでアルーダ・パダを対比すると

相方のアルーダ・ラグナは私のアルーダ・ラグナから8室目であり

アルーダチャートで彼を指すラグナロードの月は私の本来のラグナに住み

その月は私のアルーダ・ラグナに住むアートマ・カーラカの火星とジャイミニアスペクトする







また彼のアルーダ・ラグナの7室目で高揚する火星が私のアートマ・カーラカである上に

8室目に住む水瓶座の木星は私のアマティア・カーラカでどちらも私を客観的に指す表示体で

私のアルーダ・ラグナは実際に木星がラグナロードとなって

私の蟹座の金星と相互にジャイミニアスペクトし

金星のディスポジターの月は相方のアルーダチャートで木星とジャイミニアスペクトし合う

( 相方のアルーダチャートでも定座した強い金星が木星とジャイミニアスペクトし合う )







ジャイミニ式の配置で木星と向かい合った金星は私にとってグナティ・カーラカで

24年間も友人でありながら私と性格は180度くらい本当に違っていて今もよく喧嘩している







そんな我々がこれほど長い腐れ縁を続けられるのは

彼のラーシでは木星が9室12室支配でかなり良い吉星となって「友人」の11室に住むからだ







私のラーシでは同じように11室に住む金星が2室9室支配であり

生来的吉星が9室( 11室の本質 )を支配して11室に住んで逆行しないことが良い影響を与える



相方の11室に住んだ木星のディスポジターの土星は

彼のラグナロードでアートマ・カーラカの火星と星座交換し

他方で私の11室に住んだ金星のディスポジターの月は

自分の過去生とも関係する5室の表示体のプトラ・カーラカで

それが相方のアルーダ・ラグナのラグナロードだったりして

お互いに凸凹とした減らず口の多さが年輪の厚みになっているようだ
















初めての旭川は思った以上に季節感が関東と同じで

夜になっても地元で過ごすのと変わらない程度に少し寒い天気だった



無事にホテルにチェックイン出来たところで

一人旅の予定に相方の分を付け加えて飛行機の往復チケットを予約し直せたことに安心し

間髪入れずにホテルも2人部屋で改めて再予約できたと思い込んでいた私は

実際に部屋に入ると相方と共に面食らって立ち尽くした



4月初旬頃ですでに良いホテルは2名以上の部屋が見つけられず

旅行サイトで四つ星評価のホテルに運よく2人部屋の空きを発見できたつもりでいたが

その部屋に備えてあったのはカップル専用のようなダブルベッドだった




(実際はもっと狭い部屋にもっと小さなベッドが置かれていた)




Orz




今にしてみればここから私の誤算が始まっていた



相方にかなりの「借り」を作ってしまった私は

ほとんど全部の食事代をおごることになった




それは確実にD8の7室の配置が顕現している体験だった




行き当たりばったりで人気のありそうな飲食店を探していなかったのは唯一の悪運の良さで

相方に引きずられるようにして旭川の大通りをさまよい歩いたが

初日はメインストリートを数十分ほど移動しても目ぼしい一品というのが見当たらず

駅前で人気のラーメン屋にできた行列に並んで我々はやや早めの夕飯を済ませた







( 歴史もあって相当な人気店らしく有名人のサインが壁中に貼られている )




そのまま私は相方と駅周辺の碁盤状になった街道筋を冷やかして回った













5月3日24時間のダシャーを細微なレベル( デーハ・ダシャー )まで確かめて分かることは

一日の前半はプラーナの金星に対して最も体感的なデーハのロードがラーフや木星で

ナヴァムシャにおいては絡みがあったりしてボンヤリと喜びを感じていたようだが

現地に着いてからのリアルタイムな時運は土星や水星の配置で体感させられるので

12室で星座交換する水星やら8室支配で5室に住んで高揚してしまう土星やらが

私に失望と諦めをもたらしていたらしいのである







特に水星などは12室で高揚のラーフとコンジャンクトして星座交換してしまい

ホテルの部屋選びを誤ったことで失意に浸る感情や

水星が4室に伏在してそこに土星が逆行してくる配置などで

かなり「イライラの絶えない鬱屈感情」に侵されていた様子である



それはその日の終わりまで本当に正しく働いていたと分かるほどで

旅行先で本ブログのために記事を挙げようとノートPCまで持参し

夕飯を終えてお互いひと落ち着きできたタイミングで

相方に対し「親御さんの生年月日と出身地を教えてほしい」とその場で訊ねると

驚くべきことに相方は自身の両親の生年月日をよく憶えていないというのである







いよいよ私は何をしに来たのかという諦めと怒りで途方に暮れるようだった

両親の誕生日を記憶していないというのは私からすると随分と非常識な話だ







互いのアルーダチャートを見直すと彼のラグナロードの月は私の本来のラグナから8室目だ

だから彼は本当に何度も「暖簾に腕押し」な経験を私にさせる



その後に私は全く下戸な相方を尻目に独りヤケ酒を引っかけていた

( その後に酔って少しばかり私は彼と懲りずに喧嘩していた記憶がある )







翌日4日になるとプラーナ・ダシャーがナヴァムシャでは減衰した太陽になり

ナヴァムシャはガージャ・ケーサリの月と対向した金星が水星と星座交換するので

水星までは絡みが起こるが太陽は水星と絡みがなく

逆にラーシでは月のディスポジターの水星がスーリヤ・ブッダで明確に絡んでおり

即現実のデーハ・ダシャーが木星になると

ラーシ・ナヴァムシャ両方で絡みが生じてようやく体感的に気分の良い時運となった










おそらくそのダシャーの時間帯は昼手前頃で

例によって私の自腹で相方とジンギスカンをいただいていたあたりである







関東では食べられない本場のエゾシカ肉なども喫食できたのは確かに嬉しかった



前夜の遅くまで久々に一人酒をしていた私は

たらふく食べたことも手伝って時間差を置いて疲れが出てしまい

ホテルに戻るとシャワーを浴びて相方を無視するように寝てしまった

( その時はデーハが木星から土星に移ったためナヴァムシャの配置が働いたのだろう )



非喫煙で下戸の相方は今も昔も不規則な生活習慣とは無縁なお坊ちゃんなので

手持無沙汰になりどこかに電話して何かの予約を申し込んでから外出して行った

( 彼が何をしに出掛けたかはご想像にお任せする )



食事をすると身体が火照るので結局はあまり深く眠れず

相方が部屋を出て少しすると

私はモソモソと起床してPCを立ち上げてダラダラと半端に記事の執筆作業を行い

相方が3日の夜に見つけた鯨肉やカニ料理を扱う居酒屋の予約時間が迫ってきて

やはりかなり締まりの悪い時間を独り過ごしていた







4日の夕方を過ぎた頃にはプラーナ・ダシャーが月期に移り

ナヴァムシャは月の7室目に水星が星座交換で住んでいるように働き

月に対して火星が7室からアスペクトして来たり

ラーフのディスポジターの金星が月と対向していたり

木星がガージャ・ケーサリになっていたりと

4日後半の私はやっと旅行本来の醍醐味を実感できる夜を迎えていた




特に木星はラグナから7室にアスペクトバックする生来的吉星で喜びがひとしおだ










蟹をお目当てにしていたのは相方で

私は鯨肉の刺身や鶏天の山ワサビ風味などを生ビールのアテにして堪能した




この時ばかりは7室で高揚した木星が本来の生来的吉意を味合わせてくれたようだ




ホテルに帰った私は

改めてこの時運が与えてくる快い開放感が

他の分割図でも有意な所見で示されていないか確かめた



そして自分が見落としていた面白い分割図を発見した







D16は「乗り物運」とされ運転能力の有無や所有する自動車などの物品類の運を示すが

以前にも私見として述べたようにD4の結果としての働き方もするはずであり

4室の象意が抽象化されるとそれはつまり旅行運の良し悪しにもなると考えられる



この分割図で木星と月は絡まないようでいて金星が月と星座交換するので

高揚した月はラグナ( の木星 )から10室目の蟹座で定座したようになり

「旅行運」という重要な運勢の分割図で金星を巻き込んだ時運の絡みが起きていたのである







やはりそれは相方のラーシが持った配置やアルーダ・ラグナに対する絡みになっている



私のD16で月は高揚するのに対し

相方の月は満月になってナヴァムシャを含んだいくつかの分割図でもヴァルゴッタマで

ただ単に高揚しているよりも遥かに高威力な月であり

相方の強い月は私のD16では高揚して更に金星と結びついた配置として表意されている







しかしD16の月と金星に対する配置をよく見ると

火星が逆行した位置から月をアスペクトで傷つけたり

土星も逆行して金星と対向してしまったりと

せっかくの良い兆候が強く損なわれているのである



これは私の旅行運において大変に有意義な学びになった実例である



蟹座に月や金星が絡むと

それは相方のアルーダ・ラグナやアルーダのラグナロードに対する影響にもなり

私の初歩的なヘマでダブルベッドを使わなくてはならなかったり

生活習慣の違いからやる気の出るタイミングがお互いすれ違い気味で

私の方で酒が入れば彼と遠慮なく口喧嘩してしまう様子を正しく写実している







翌5日になり旅行最終日に入ると

私のダシャーではプラーナがラーシ・ナヴァムシャ両方で水星に絡みのある火星になり

ナヴァムシャでは火星に木星と9室支配の土星がアスペクトして凶意を鎮めるため

その時運は危険な凶意の経験にはならず

むしろ醍醐味を伴い刺激がジワジワ強くなる時間を長く過ごせたようだ




言わずもがなである










旭川駅から直通バスで40分近くも揺られて行った先で

周囲が子供連れの夫婦や外国人の若者であろうとも元気イッパイにためらわず入園した



スマホ片手にはしゃぎ回る2匹の36歳児こそが

最も見物のUMAか何かだったことだろう



旭山動物園は全て見物し終えるのに3・4時間は楽にかかるほどであり

急な暑さにプールで涼をとるホッキョクグマや

忙しそうに庭いじりをする体毛の禿げたチンパンジーや

寝てばかりいてやる気の全く無いライオン( そもそもライオンはそういうものらしい )や

うんと遠くからでもランドマークのように目立つキリンなど

我々は思う存分に写真と動画を撮影しまくっていた

( なお画像だけでも軽く50件を越えるので割愛とする )




*****




こうして今年のゴールデンウィークはコロナ前よりもずっと思い出にできた時間になった



改めてダシャーに対し絡みの起きた最も深い分割図のD150を見直して

溜め息と苦笑いが出てしまった




ヴァルゴッタマの月は金星のディスポジターで冒頭に述べた絡みが繰り返される




月同様にヴァルゴッタマの金星はつまり私のラーシで11室に住むので相方を意味し

相方のアルーダ・ラグナと私の金星が重なっている配置の関わり合いが再現され

ディスポジターの月は相方のアルーダ・ラグナのラグナロードであり

このD150では月がヴァルゴッタマで強くなって12室で定座の木星と絡んでいる



このD150で乙女座は9室になり9室とは「友達」の11室から11室目でその本質に当たる

D8もまた山羊座ラグナで7室の蟹座はやはり相方のアルーダ・ラグナとして影響していた



だから私は今回の旅で相方のために12室的な経験を強いられたのである



何もしなければコロナ明けの連休を強い後悔で終えていただろうし

一念発起して行動してみればこうした結果が待っていただけだった



出生時刻が本当に正確であればダシャーが与える経験は間違いの無いカルマとなる

私はジョーティッシュを学んできた者としてそれを改めて本格的に自覚させられた




先ずは経験してみるしかない




いずれまた楽しい(?)紀行文が綴れればと思う




以上

閲覧数:56回0件のコメント
bottom of page